内出血 早く治す 薬

薬で内出血を早く治すことや内出血を抑える食べ物などについて

スポンサーリンク

打撲による衝撃などで赤いあざができますが、血小板の働きによってあざの色が赤から紫に替わっていき、最終的にはあざが消えます。
血小板は血液を固めて止血に働きます。
内出血の患部を氷等で冷やすことは、血小板の血液凝固機能を促進することに繋がって早く治す効果が期待できます。
冷やして腫れが引いた後で、患部を温めて血行を良くします。
この段階から薬を使って、さらに血行を良くして早く治すことができます。
薬には動物の体内にあるものが配合されたものと自然界にない化学物質が配合されたものがあるので、よく確認して買うことが大切です。
内出血の患部を早く治す目的で市販されているものには、クリームタイプやジェルタイプやローションなどがあります。
何種類かを1つずつ購入して、塗り心地を試してみて自分に合った薬を選ぶと良いです。
また、内出血の患部を早く治すための薬は、出血している部分には使えません。
血行を促進する作用があるので血が止まりにくくなるからです。

スポンサーリンク

内出血を早く治すための市販薬は副作用が起こる場合があるので、発赤やかゆみが出た場合には使用を中止しなければいけません。
また、漢方薬の中にも捻挫や打撲による内出血を早く治す効果のあるものがあります。
しかし、できるだけ薬に頼らなくても良いように日頃から食生活に気を付けることも大切です。
特にホウレンソウやブロッコリーやワカメやひじきといった食べ物は、血液をサラサラにすることで血流を良くする効果が期待できます。
血液凝固因子を活性化することで出血した場合にも血液の凝固を促進する働きがあり、内出血に対しても早く治すことに繋がります。
また、高齢者は内出血が起こりやすいです。
皮下組織が柔かくなって筋力が低下するので、血管を支えるための力が弱くなるからです。
そして、腕全体の血管が細い人や深い所に埋まっている人も内出血が起こりやすいです。
注射針を刺すための血管が見つかりにくいので複数回注射針を刺すことがあるからです。

スポンサーリンク