ふくらはぎに生じるあざの原因と適切な対処方法について

ふくらはぎに生じるあざの原因と適切な対処方法について

スポンサーリンク

 

ふくらはぎに突然生じたあざは、第三者からの視線こそ回避出来ますが、自身の健康面を思えば原因をハッキリ見極めておきたいところです。
同時に適切な対処方法を確認から、確実に消す治療も欠かせません。

 

 

【ふくらはぎのあざの特徴】

 

ふくらはぎに生じるあざには、ある共通した傾向が見られ、その多くが青いのが特徴です。
あざの色は皮膚表面から発生した箇所までの深さに関係しており、青い場合は比較的浅い位置に発症している可能性が高く、反対に深い部分では茶色や黒っぽいなど、より濃い色となるのが特徴です。
胴回りのように皮下脂肪が豊富ではないふくらはぎは、皮膚の下が直ぐに屈強な筋肉の構造上、必然的に発症箇所は浅い位置となるのがその理由です。

 

 

【圧倒的な原因はむくみ】

 

ふくらはぎのあざの発症原因の大半はむくみで、疲労が蓄積からマッサージなどの適切な対処方法が講じられず、本来体外に排出されるべき、余分な老廃物などが血管内に溜まってしまいます。
結果血管が内側から圧迫荒れて破裂し、内出血となってしまうメカニズムであり、むくみがこの流れを誘発するのが主たる原因です。
男性と比較して筋肉の比率が低い女性に、また寒さから血行が鈍化する冬季に発症例が多いのも特徴です。

 

スポンサーリンク

 

【肉離れなどのトラブルが原因のケース】

 

肉離れなどふくらはぎにトラブルが生じた事がキッカケで、あざが発生するケースも見られ、傷ついた毛細血管からの内出血が原因です。
求められる対処方法として、腫れや痛みを緩和すべく患部を冷やす、症状を悪化させぬために患部に無用な負担を掛けないなどが挙げられます。
筋肉やその周辺が損傷した状態で患部を動かしてしまうと、内出血が止まらず、溢れ出た血液が行き場を失い、結果大きなあざとなってしまうリスクが否めず注意が必要です。

 

 

【知っておくべき基本的対処方法】

 

ふくらはぎに限らず、あざを生じさせない、残さない効果的な対処方法として、発症時に速やかに患部を冷やし、安静を保ち自力再生を促した後は、温める処置に切り替え、血行促進効果を患部に届ける流れを覚えておきましょう。
また回復に良いとされる栄養素を豊富に含む食事の実践など、身体の内側からプラスの効果を届ける対処方法も大切です。

 

 

ふくらはぎに痣が発症する主たる原因はむくみです。
むくみから老廃物が血管内に溜まり、内側から圧迫する事で内出血が生じ、これがあざとなって残ってしまうメカニズムです。
初期対応として患部を冷やす方法から血行促進効果が得られる温める方法への切り替え、摂取する栄養素に気を配るなどの対処が大切です。

 

スポンサーリンク

関連ページ

あざの治療の第一歩は病院の何科の受診からスタートすべき?.
あざが赤紫に変色する原因を知る
一目見る限りでは区別が難しいあざと青タンの違いについて
あざの上に生じたぶつぶつの原因と正しい対処方法について
身に覚えのないあざの原因と病気との因果関係に関して
ストレスはあざが出来やすい原因?
あざができない打撲の症状とその理由
痣ができにくい体質の人の体質面の特徴について
あざの原因として見過ごせぬ栄養失調
太ももにできる痣の原因は病気のシグナル?
あざの発症を防ぐ上で効果的な処置方法を知る
あざが癌化してしまう可能性を検証する
顔に突然出来てしまったあざの原因と病気との因果関係について
顔のあざを隠すばかりでなく安全確実に消す方法を検証する
痣の腫れと痛みがひかない時の対処法について
赤ちゃんのあざは遺伝だけが原因?
治りかけのあざのかゆみの原因と対処法について
あざの真ん中が周囲と比較して白い理由
あざが皮膚の上から消える期間と完全に治るまでの期間は同じ?
いくら時間が経過しても消えないあざの原因と対処法について
ぶつけてない手の甲に生じるあざの原因と正しい対処法
時間の経過と共にあざが広がる理由とは
ビタミン不足が原因の可能性が否めぬ赤いあざと適切な対処法
あざが出来やすい原因として見過ごせぬ貧血
あざが生じた患部の皮膚の膨らみの原因と適切な対処方法
痣が生じた状態での風呂の入り方と注意点
アザの痛みが続く原因と適切な対処法を検証する
あざが原因と考えられる蕁麻疹の症状について
目の周りに生じたあざの対処に際しての要注意点を検証する