痣の腫れと痛みがひかない時の対処法について

痣の腫れと痛みがひかない時の対処法について

スポンサーリンク

 

時間の経過に伴い、自然とひいてくれるハズのあざの腫れや痛みが一向にひかない場合、医学的根拠に基づく何らかの治癒が必要です。
誤った対処法を実践してしまい、症状を悪化させてしまわぬためにも、正しい知識の確認が欠かせません。

 

 

【まずは適切な自己処置を】

 

打撲を負った患部に痣が生じ、時間が経過しても一向に腫れや痛みがひかない場合、外部から目視確認出来ない部位で、何らかのトラブルが現在進行形である可能性が否めません。
まずは根気よく患部を冷やし、腫れと痛み双方の症状緩和に努めてください。
滅菌力が備わった冷湿布を患部に貼り、特に関節など稼働する部位に生じたあざの場合、極力無意味に動かさぬ配慮が欠かせません。
内出血がキチンと止血しておらず、これが原因で炎症の進行、もしくば傷ついた部位が神経組織に何らかの圧迫や刺激を届け続けている場合が想定されます。

 

 

【初期段階で温める対処法は厳禁】

 

私達のイメージとして、痣が生じた患部を温める対処が優しく効果的と捉えがちですが、この対処法は間違いです。
温める事で得られる血行促進効果は、炎症の後押しや痛覚をより鮮明いしてしまい、腫れや痛み双方が増してしまうリスクが否めず、また十分止血していない内出血を後押しから、痣自体を大きく鮮明にしてしまい兼ねません。

 

スポンサーリンク

 

【腫れや痛みが引かない原因を推察】

 

痣が生じた患部を適切に冷やす処置を続けるも、腫れは痛みが引かない場合、脱臼、骨折など、患部の奥深い部分の深刻な損傷が懸念されます。
特に同様の怪我の経験がない場合、自身に生じているトラブルを冷静に推察出来ずとも不思議ではありません。
自己判断であれこれ試し過ぎず、患部を安静に保護した上で、医師の診察を受ける対処法の実践が求められます。
悪しき自覚症状がひかない場合、何らかのトラブル発症のシグナルの可能性が見過ごせません。

 

 

【患部への無用な刺激は厳禁】

 

痣の腫れや痛みがひかない場合、不安感から幾度も患部に直接触れてしまい、恐る恐る押して痛みや腫れの具合を確かめがちですが、この安心感を得る目的での対処法は危険です。
無用な外部からの刺激に対し、傷ついた不安定な患部は十分な耐久力を失っています。
ひかない対処法としてNGのみならず、更なる症状悪化を自ら招く行為ですので、絶対に謹んでください。

 

 

痣が生じた患部の腫れや痛みがひかない場合、骨折や脱臼など、より深刻なアクシデントが生じている可能性が疑われます。
むやみに患部に触れて確かめる、自己判断であれこれ処置するなどの対処法はいずれも危険です。
痣の悪しき症状がひかない場合には、速やかに医師jの診察を受けてください。

 

スポンサーリンク

関連ページ

あざの治療の第一歩は病院の何科の受診からスタートすべき?.
あざが赤紫に変色する原因を知る
一目見る限りでは区別が難しいあざと青タンの違いについて
あざの上に生じたぶつぶつの原因と正しい対処方法について
身に覚えのないあざの原因と病気との因果関係に関して
ストレスはあざが出来やすい原因?
あざができない打撲の症状とその理由
痣ができにくい体質の人の体質面の特徴について
あざの原因として見過ごせぬ栄養失調
太ももにできる痣の原因は病気のシグナル?
あざの発症を防ぐ上で効果的な処置方法を知る
ふくらはぎに生じるあざの原因と適切な対処方法について
あざが癌化してしまう可能性を検証する
顔に突然出来てしまったあざの原因と病気との因果関係について
顔のあざを隠すばかりでなく安全確実に消す方法を検証する
赤ちゃんのあざは遺伝だけが原因?
治りかけのあざのかゆみの原因と対処法について
あざの真ん中が周囲と比較して白い理由
あざが皮膚の上から消える期間と完全に治るまでの期間は同じ?
いくら時間が経過しても消えないあざの原因と対処法について
ぶつけてない手の甲に生じるあざの原因と正しい対処法
時間の経過と共にあざが広がる理由とは
ビタミン不足が原因の可能性が否めぬ赤いあざと適切な対処法
あざが出来やすい原因として見過ごせぬ貧血
あざが生じた患部の皮膚の膨らみの原因と適切な対処方法
痣が生じた状態での風呂の入り方と注意点
アザの痛みが続く原因と適切な対処法を検証する
あざが原因と考えられる蕁麻疹の症状について
目の周りに生じたあざの対処に際しての要注意点を検証する