治りかけのあざのかゆみの原因と対処法について

治りかけのあざのかゆみの原因と対処法について

スポンサーリンク

 

あざの治癒を進める中、とりわけ辛いのが治りかけの時期に生じるかゆみの我慢でしょう。
下手に無用な刺激を患部に与えてしまってはなりませんが、その原因と適切な対処法を用いる事で、不快感を軽減させてください。

 

 

【全ての傷に共通する特徴とかゆみの原因】

 

切り傷、擦り傷など症状を問わず、治りかけの時期に覚えるかゆみは、誰もがその経験をご記憶の通りです。
我慢できず患部に刺激を与えてしまい、かさぶたを剥がして治癒が遅れてしまうなど、かゆみは痛み以上に我慢が辛い症状です。
この状況はあざにも共通して見られ、症状悪化に繋がらぬ対処法を正しく踏まえておく必要性が見過ごせません。

 

 

【原因とメカニズム】

 

あざに限らず身体に生じた不具合を修復すべく、患部には自力再生に必要な成分が、血液に乗って運ばれて集まります。
傷ついた患部を殺菌から元の状態に組成すべく、例えるなら緊急復旧部隊的な成分が、細胞1つ1つを修復再生させる工事を続けるイメージです。
こうした作業に際しては当然刺激が発生し、それを患部付近の神経が察知した際、かゆみとして感じられるメカニズムです。
内出血で溜まった血液が自然に体内に吸収され、症状が薄れゆく過程が順調に進行している証拠となる症状です。

 

スポンサーリンク

 

【ポイントはあざを乾燥させない対処法】

 

私達が自覚するかゆみの原因と切り離せないのが、治りかけの患部の乾燥です。
特にお風呂上りなど、血行促進から患部の自己再生が活発となり、更に皮膚の表面が急激に乾燥すれば、その症状が一層顕著となり、我慢出来ず刺激を与えてしまうリスクが高まります。
自身の体質にマッチした、かゆみ止め効果を有する軟膏を塗布するなどの対処法を通じ、乾燥させない患部の環境の保護を通じ、治りかけの大切な時期に、無用な刺激を与えない工夫が求められます。

 

 

【治りかけのあざを掻いてしまうリスクと対処法】

 

あざの症状が目視確認出来ている以上、患部は当然元来の正常な状態に復元し切れていません。
その原因となった内出血を生じた血管も、一応止血こそ為されているにせよ、耐久性や伸縮性などは未だ不十分です。
皮膚の上から掻きむしる、指で刺激を与える行為は、不安定な回復状態の患部を一気に壊してしまうリスクが否めません。
治りかけに生じるかゆみの原因は順調に自力治癒が最終段階を迎えているシグナルと捉え、かゆみ止めを用いる、乾燥を防ぐなどの正しい対処法を用いてください。

 

 

治りかけのあざがかゆい原因として、患部の自力再生に必要な成分が確実に集い、順調に進んでいるシグナルが「かゆい」と感じられる点が挙げられます。
塗布薬を用いる、乾燥させないなどの正しい対処法を通じ、症状を無意味に悪化させない注意が大切です。

 

スポンサーリンク

関連ページ

あざの治療の第一歩は病院の何科の受診からスタートすべき?.
あざが赤紫に変色する原因を知る
一目見る限りでは区別が難しいあざと青タンの違いについて
あざの上に生じたぶつぶつの原因と正しい対処方法について
身に覚えのないあざの原因と病気との因果関係に関して
ストレスはあざが出来やすい原因?
あざができない打撲の症状とその理由
痣ができにくい体質の人の体質面の特徴について
あざの原因として見過ごせぬ栄養失調
太ももにできる痣の原因は病気のシグナル?
あざの発症を防ぐ上で効果的な処置方法を知る
ふくらはぎに生じるあざの原因と適切な対処方法について
あざが癌化してしまう可能性を検証する
顔に突然出来てしまったあざの原因と病気との因果関係について
顔のあざを隠すばかりでなく安全確実に消す方法を検証する
痣の腫れと痛みがひかない時の対処法について
赤ちゃんのあざは遺伝だけが原因?
あざの真ん中が周囲と比較して白い理由
あざが皮膚の上から消える期間と完全に治るまでの期間は同じ?
いくら時間が経過しても消えないあざの原因と対処法について
ぶつけてない手の甲に生じるあざの原因と正しい対処法
時間の経過と共にあざが広がる理由とは
ビタミン不足が原因の可能性が否めぬ赤いあざと適切な対処法
あざが出来やすい原因として見過ごせぬ貧血
あざが生じた患部の皮膚の膨らみの原因と適切な対処方法
痣が生じた状態での風呂の入り方と注意点
アザの痛みが続く原因と適切な対処法を検証する
あざが原因と考えられる蕁麻疹の症状について
目の周りに生じたあざの対処に際しての要注意点を検証する