いくら時間が経過しても消えないあざの原因と対処法について

いくら時間が経過しても消えないあざの原因と対処法について

スポンサーリンク

 

適切と思われる治療に努めるも、いくら時間が経過しても一向に消える気配のないあざには、焦りから諦めすら抱き始めてしまうかも知れません。
ここで大切なのは投げ遣りにならず、その原因と適切な対処法を見極める作業に他なりません。

 

 

【消えない原因とメラニン色素】

 

打撲その他の外因的原因であざが生じた患部は、その他にも時に深刻なダメージを負い、症状こそ露呈せずとも炎症発症のリスクなど、非常に不安定な状態が避けられません。
私達の身体はこうした非常事態に陥った場合、さまざまな防護反応を見せる特徴を有しており、防護反応時に体内で生成されるメラニン色素が消えない原因となっています。

 

 

【消えないあざとならない予防対処法】

 

生じたばかりのあざは赤紫もしくは青紫色で、これは内出血した血液が皮膚を通して見えている状態です。
ところが先述のメラニン色素が関係すると、患部は茶色に変化し、そのまま消えない状態となってしまうリスクが高まります。
こうした連鎖反応を防ぐ対処法として、速やかに患部を冷やし、内出血の症状を少しでも早く鎮静化させ、初期症状をより小さく抑える処置が大切です。
メラニン色素の沈着で茶色い面積が残ってしまった場合、身体上の防護反応が原因で、消えないあざとなってしまうリスクが高まります。

 

スポンサーリンク

 

【食事面に見る対処法】

 

消えないあざへの対処法として、患部へのダイレクトな処置のみならず、食事を通じての改善が見過ごせません。
ちなみに残さずに消す上で摂取が薦められる有効成分として、美肌効果で知られるビタミンCや鉄分が挙げられます。
この成分を豊富に含有するひじき、プルーン、果物類を意識的に食べる対処法もおすすめです。
更にはサプリメントの活用も選択肢として視野に入ります。

 

 

【体質と原因を検証する】

 

私達日本人は体質的にメラニン色素が沈着しやすい体質で、これもまた消えないあざの原因の1つと考えられます。
この体質面の原因を踏まえ、あざが生じた際の適切な初期対処法の患部を確実い冷やし、内出血の初期症状を確実に抑える方法を、しっかりと認識しておく姿勢が大切です。
消えない症状が酷い場合、レーザーを用いた手術でなければ症状改善が難しいケースも見られ、日頃からの十分な注意が欠かせません。

 

 

皮膚に生じたあざが消えない原因として、私達の身体が見せる防護反応時に体内で生成されるメラニン色素の存在が挙げられます。
対処法として美肌効果で知られるビタミンCや鉄分を積極的に摂取する食生活を心掛ける、患部を十分に冷やし、内出血の症状を迅速確実に治める初期対応が見過ごせません。

 

スポンサーリンク

関連ページ

あざの治療の第一歩は病院の何科の受診からスタートすべき?.
あざが赤紫に変色する原因を知る
一目見る限りでは区別が難しいあざと青タンの違いについて
あざの上に生じたぶつぶつの原因と正しい対処方法について
身に覚えのないあざの原因と病気との因果関係に関して
ストレスはあざが出来やすい原因?
あざができない打撲の症状とその理由
痣ができにくい体質の人の体質面の特徴について
あざの原因として見過ごせぬ栄養失調
太ももにできる痣の原因は病気のシグナル?
あざの発症を防ぐ上で効果的な処置方法を知る
ふくらはぎに生じるあざの原因と適切な対処方法について
あざが癌化してしまう可能性を検証する
顔に突然出来てしまったあざの原因と病気との因果関係について
顔のあざを隠すばかりでなく安全確実に消す方法を検証する
痣の腫れと痛みがひかない時の対処法について
赤ちゃんのあざは遺伝だけが原因?
治りかけのあざのかゆみの原因と対処法について
あざの真ん中が周囲と比較して白い理由
あざが皮膚の上から消える期間と完全に治るまでの期間は同じ?
ぶつけてない手の甲に生じるあざの原因と正しい対処法
時間の経過と共にあざが広がる理由とは
ビタミン不足が原因の可能性が否めぬ赤いあざと適切な対処法
あざが出来やすい原因として見過ごせぬ貧血
あざが生じた患部の皮膚の膨らみの原因と適切な対処方法
痣が生じた状態での風呂の入り方と注意点
アザの痛みが続く原因と適切な対処法を検証する
あざが原因と考えられる蕁麻疹の症状について
目の周りに生じたあざの対処に際しての要注意点を検証する