ぶつけてない手の甲に生じるあざの原因と正しい対処法

ぶつけてない手の甲に生じるあざの原因と正しい対処法

スポンサーリンク

 

どこにもぶつけてない、外から衝撃を受けたり無理な動きをした覚えもないあざが生じれば、当然誰もが首を捻りますが、そこには必ず何らかの原因が潜んでいます。
正しい対処法を理解から実践する事で、早期完治に努める姿勢が大切です。

 

 

【複数想定されぶつけてない手の甲のあざの原因】

 

あざは皮下部分の内出血が引き金となり、皮膚の下に生じるトラブルですが、その原因として外部から受けた衝撃が見過ごせません。
一方ぶつけてないにも関わらず、気づけば生じているケースが、手の甲などに見られ、その原因が身体の何らかの変化と関係していると推察されます。

 

 

【寒さが原因の可能性と対処法】

 

気温が低下する冬季、低温に晒される手の甲には、複数の血管が通っており、この気温低下から欠陥が破れて内出血を生じぶつけてないにも関わらず、これがあざとなるケースが見られます。
手の甲の血管は寒さへの耐久力が弱く、冷えて柔軟性を失った結果、手の指を動かす動作に伸縮対応が追いつかず、結果破れてしまうメカニズムが原因です。
対処法として冬季の外出には手袋を用いる、手の甲をマッサージする、入浴時に十分温めての伸縮運動から、意識的に患部に柔軟性を持たせるなどが挙げられます。

 

スポンサーリンク

 

【加齢が影響の場合】

 

ぶつけてないあざの発症には、加齢すなわち年齢を重ねるに伴う体質面の変化が見過ごせません。
若い頃とは違い、次第に全身の柔軟性が失われる特徴が否めぬ加齢は、皮膚や血管の耐久力にも影響します。
気候の変化が皮下組織に伝える刺激をよりダイレクトに受け、更に強度が弱まった血管が自然と破れてしまう事から、原因が思い当たらぬあざに繋がるメカニズムです。
対処法としはて、食事面を見直しバランス良く栄養を摂取する、スキンケアに気を配るなど、手の甲の下の組織の強化と、皮膚自体の強度アップがポイントとなります。

 

 

【ストレスとの因果関係】

 

意外な印象ですが、ぶつけてない手の甲のあざとストレスには、見過ごせぬ関係性が存在しています。
ストレスが蓄積すると末梢神経にトラブルが生じるリスクが高まり、無意識の中で全身に不具合が生じ始めます。
これが原因で脊髄から繋がっている手の甲を走る神経にも異常が生じ、結果内出血からのあざに繋がるメカニズムです。
ストレス発散の対処法は人それぞれですが、まずは上手に発散する、規則正しいリズミカルな生活を通じ、十分な睡眠を確保するなど、心身双方を見据えての対処法の実践が望まれます。

 

 

ぶつけてないにも関わらず生じるあざの原因として、寒さから来る血管の自然破損、加齢から来る柔軟性と耐久性の現象、ストレスなどが見過ごせません。
冷やさず温め適度に動かす事で柔軟性を保つ、栄養面を再検証する、ストレスを上手に発散するなどの対処法の実践が望まれます。

 

スポンサーリンク

関連ページ

あざの治療の第一歩は病院の何科の受診からスタートすべき?.
あざが赤紫に変色する原因を知る
一目見る限りでは区別が難しいあざと青タンの違いについて
あざの上に生じたぶつぶつの原因と正しい対処方法について
身に覚えのないあざの原因と病気との因果関係に関して
ストレスはあざが出来やすい原因?
あざができない打撲の症状とその理由
痣ができにくい体質の人の体質面の特徴について
あざの原因として見過ごせぬ栄養失調
太ももにできる痣の原因は病気のシグナル?
あざの発症を防ぐ上で効果的な処置方法を知る
ふくらはぎに生じるあざの原因と適切な対処方法について
あざが癌化してしまう可能性を検証する
顔に突然出来てしまったあざの原因と病気との因果関係について
顔のあざを隠すばかりでなく安全確実に消す方法を検証する
痣の腫れと痛みがひかない時の対処法について
赤ちゃんのあざは遺伝だけが原因?
治りかけのあざのかゆみの原因と対処法について
あざの真ん中が周囲と比較して白い理由
あざが皮膚の上から消える期間と完全に治るまでの期間は同じ?
いくら時間が経過しても消えないあざの原因と対処法について
時間の経過と共にあざが広がる理由とは
ビタミン不足が原因の可能性が否めぬ赤いあざと適切な対処法
あざが出来やすい原因として見過ごせぬ貧血
あざが生じた患部の皮膚の膨らみの原因と適切な対処方法
痣が生じた状態での風呂の入り方と注意点
アザの痛みが続く原因と適切な対処法を検証する
あざが原因と考えられる蕁麻疹の症状について
目の周りに生じたあざの対処に際しての要注意点を検証する