時間の経過と共にあざが広がる理由とは

時間の経過と共にあざが広がる理由とは

スポンサーリンク

 

発症から時間が経過すると共に、その面積が次第に広がりを見せるのも、あざに共通する特徴の1つです。
果たして患部すなわち皮膚組織の下では何が生じているのか、その理由を豆知識として踏まえておきましょう。

 

 

【複数想定される広がる理由】

 

私達の皮膚に気づけば生じているあざの多くは、その原因が思い当たらず、何となく気にしているうちに、時間の経過と共に薄らぎ消えて行きます。
これは何らかの原因で傷ついた血管から溢れ出た血液が皮膚の下で行き場を失いあざとなるも、次第に身体に吸収されて消えてしまうメカニズムに沿った自然治癒です。
ですが一方で時間の経過と共に、あざの面積が広がる症例も見られ、その理由が分からず対処に窮してしまうケースも見られ、こうした展開となる理由を正しく踏まえておく必要性が見過ごせません。

 

 

【冷やす温めるのタイミングの誤認】

 

打撲などで内出血が生じた際の初期対応として、患部を冷やす方法は多くの方々がご存知ですが、この処置が不十分、あるいは為されなかった事が原因で、後々アザの面積が広がる症状が見られます。
また痛みが治まったからと、患部を温める処置に切り替えるタイミングが早過ぎた事が理由で、結果患部の延焼や内出血の再発を招いてしまい、結果あざが広がる症状に繋がるケースも少なくありません。

 

スポンサーリンク

 

【発症部位との関係性】

 

あざが生じた身体の部位が有する特徴そのものが理由で、結果広がる症状が見られるケースも見過ごせません。
関節付近に対し、胴体部分や太ももなどは脂肪が多く、皮膚下に溢れた血液が広がりやすい環境のため、適切な初期対応を施したにも関わらず、急速にあざが広がる場合が想定されます。
特に腹部などは冷やす初期対応が腹痛など別のリスクに繋がり兼ねず、結果不十分な冷却処置に終始せざるを得ない点も、原因の1つと考えられます。

 

 

【実は骨折が理由の場合も】

 

骨折の症状が時間の経過と共に、あざが広がる症状となって現れる場合があり、痛みが引かないなど、明らかな自覚症状が見られる場合は要注意です。
こうした場合には臆さず整形外科など専門医の診察を受けてください。

 

 

発症したあざが広がる理由として、初期対応が不十分、温める処置への切り替えのタイミングが早過ぎる、広がりやすい部位での発症など、複数の要着目点が挙げられます。
また骨折が原因のケースが見過ごせず、痛みなどの自覚症状が強い場合には、速やかに専門医の診察を受ける対応が欠かせません。

 

スポンサーリンク

関連ページ

あざの治療の第一歩は病院の何科の受診からスタートすべき?.
あざが赤紫に変色する原因を知る
一目見る限りでは区別が難しいあざと青タンの違いについて
あざの上に生じたぶつぶつの原因と正しい対処方法について
身に覚えのないあざの原因と病気との因果関係に関して
ストレスはあざが出来やすい原因?
あざができない打撲の症状とその理由
痣ができにくい体質の人の体質面の特徴について
あざの原因として見過ごせぬ栄養失調
太ももにできる痣の原因は病気のシグナル?
あざの発症を防ぐ上で効果的な処置方法を知る
ふくらはぎに生じるあざの原因と適切な対処方法について
あざが癌化してしまう可能性を検証する
顔に突然出来てしまったあざの原因と病気との因果関係について
顔のあざを隠すばかりでなく安全確実に消す方法を検証する
痣の腫れと痛みがひかない時の対処法について
赤ちゃんのあざは遺伝だけが原因?
治りかけのあざのかゆみの原因と対処法について
あざの真ん中が周囲と比較して白い理由
あざが皮膚の上から消える期間と完全に治るまでの期間は同じ?
いくら時間が経過しても消えないあざの原因と対処法について
ぶつけてない手の甲に生じるあざの原因と正しい対処法
ビタミン不足が原因の可能性が否めぬ赤いあざと適切な対処法
あざが出来やすい原因として見過ごせぬ貧血
あざが生じた患部の皮膚の膨らみの原因と適切な対処方法
痣が生じた状態での風呂の入り方と注意点
アザの痛みが続く原因と適切な対処法を検証する
あざが原因と考えられる蕁麻疹の症状について
目の周りに生じたあざの対処に際しての要注意点を検証する