あざが生じた患部の皮膚の膨らみの原因と適切な対処方法

あざが生じた患部の皮膚の膨らみの原因と適切な対処方法

スポンサーリンク

 

あざが出来た部分の皮膚が膨らみをみせる事例は珍しくありません。
違和感を伴うこの症状の改善に際しては、その原因とメカニズムを正しく理解から、適切な対処方法に沿った治癒を焦らず実践する姿勢が大切です。

 

 

【内出血とあざの膨らみ】

 

打撲などで一時的に患部が腫れ、次第にあざが鮮明となった後、一定期間が経過して痛みなどの諸症状が引いたにも関わらず、あざとその周辺に皮膚の膨らみが見られる事があります。
これは患部全体の腫れとは違い、虫刺されの痕のようなプクッとした膨らみが特徴で、あざと共通する内出血が皮膚の下で血種となり、皮膚を押し上げているのが原因です。
内出血の量が多く、縦に盛り上がるように凝固してしまった結果、あざの面積が広がる症状では無く、盛り上がってしまい、膨らみが生じている状態です。

 

 

【確実な対処方法は手術】

 

通常のあざの原因となる内出血は、時間の経過と共に身体内に吸収され、散って消えて行きます、ですが血種となってしまった場合には、患部の皮膚を切開から膨らみの原因となる血種を除去する手術が最適な対処方法です。

 

スポンサーリンク

 

【適切な初期対処方法の実践を】

 

内出血が確認された場合には、血種形状が皮下組織内で生じないよう、速やかに患部を冷やす対処方法の実践が大切です。
血種は傷ついた血管から溢れ出る血液の量が多く、行き場を失い1ヵ所に溜まってしまっての凝固で出来上がります。
自覚症状こそ無くとも内出血が続いている場合、この膨らみが生じるリスクが高まります。
患部を冷やす事で血流を抑え、内出血を確実に止血する対処方法が大切です。

 

 

【あざと見間違う下肢静脈瘤の可能性】

 

同じような膨らみが生じる身体のトラブルに下肢静脈瘤の可能性が見過ごせません。
ストレスや不規則な生活が原因で生じる静脈のトラブルで、外観的に非常に類似した症状が目視確認され、混同してしまうリスクが否めません。
特に深刻な病気に直結する症状でこそありませんが、下肢付近に生じ、打撲など思い当たる原因が見当たらぬ場合には、こちらの可能性もゼロとは言えません。
気になる場合には医師の診察を受ける事をおすすめします。

 

 

あざが生じた部位が虫刺されのような膨らみを見せた場合、多量の内出血量が原因で皮膚の下で血種となり、皮膚を押し上げている可能性が否めません。
この状態になると皮膚を切開から血種を取り除く方法での対処が必要となります。

 

スポンサーリンク

関連ページ

あざの治療の第一歩は病院の何科の受診からスタートすべき?.
あざが赤紫に変色する原因を知る
一目見る限りでは区別が難しいあざと青タンの違いについて
あざの上に生じたぶつぶつの原因と正しい対処方法について
身に覚えのないあざの原因と病気との因果関係に関して
ストレスはあざが出来やすい原因?
あざができない打撲の症状とその理由
痣ができにくい体質の人の体質面の特徴について
あざの原因として見過ごせぬ栄養失調
太ももにできる痣の原因は病気のシグナル?
あざの発症を防ぐ上で効果的な処置方法を知る
ふくらはぎに生じるあざの原因と適切な対処方法について
あざが癌化してしまう可能性を検証する
顔に突然出来てしまったあざの原因と病気との因果関係について
顔のあざを隠すばかりでなく安全確実に消す方法を検証する
痣の腫れと痛みがひかない時の対処法について
赤ちゃんのあざは遺伝だけが原因?
治りかけのあざのかゆみの原因と対処法について
あざの真ん中が周囲と比較して白い理由
あざが皮膚の上から消える期間と完全に治るまでの期間は同じ?
いくら時間が経過しても消えないあざの原因と対処法について
ぶつけてない手の甲に生じるあざの原因と正しい対処法
時間の経過と共にあざが広がる理由とは
ビタミン不足が原因の可能性が否めぬ赤いあざと適切な対処法
あざが出来やすい原因として見過ごせぬ貧血
痣が生じた状態での風呂の入り方と注意点
アザの痛みが続く原因と適切な対処法を検証する
あざが原因と考えられる蕁麻疹の症状について
目の周りに生じたあざの対処に際しての要注意点を検証する