アザの痛みが続く原因と適切な対処法を検証する

アザの痛みが続く原因と適切な対処法を検証する

スポンサーリンク

 

アザに生じる痛みは、通常時間の経過と共に治まって行きますが、一向に改善する気配が無く続くケースも見られます。
大切なのはその原因を冷静に見極め、適切な対処法に沿った治療を焦らず継続する姿勢が大切です。

 

 

【アザに見られる痛みが続く原因】

 

原因が思い当たらぬまま生じていたアザが、時間が経過したにも関わらず痛み続けるケースは珍しくありません。
時に内出血の面積や場所が移動するのみならず、それに連れて痛む箇所も移動する場合もあり、適切な対処法に窮してしまうケースも見られます。
アザは皮膚の下に傷ついた血管から漏れ出た血液が溜まる事で生じ、直接酸素に触れて凝固する前の血液は、液体として皮膚の下の定位置に留まり続けるとは限りません。
血管から更に血液が漏れ続ければ、あざの面積は広がり色も目立つようになり、身体の動きに伴い位置を変える事も珍しくありません。
こうした不安定な患部の神経が刺激され、痛さが続く状態に繋がります。

 

 

【患部を保護から冷やす対処法を】

 

痛みを伴うアザが生じた患部の皮膚は、非常に繊細な状態となっており、僅かな外部からの刺激にも痛さを覚えます。
清潔に患部を保護する、患部を冷やすなどの対処法の実践が大切です。

 

スポンサーリンク

 

【注射痕に痛みが続く原因と対処法】

 

一方で明確に原因が判明しているアザの中にも、痛みが続く症例が複数見られ、そうした中でも典型的と言えるのが、注射痕に生じるケースです。
これは注射針が皮膚の下の毛細血管を傷つけ、時に穴を開けてしまう、血管自体を貫通もしくは切断してしまった可能性が否めません。
また適正に血管注射が為された際も、注射針を抜いた後の止血処置が不十分から穴が塞がらず、心臓の働きで常に送り出される血液は行き場を失い、皮膚の下に溢れ出し続けてしまい、結果アザとなって皮膚の外側から確認出来る症状へと進行します。
血管という繊細な身体の器官が破損した事による痛さと、溢れ出た血液が周辺の神経を刺激する痛さの両方が続いてしまいます。
こうした症状を招いた原因として、血管注射後に患部を十分圧迫からの止血を怠った可能性が無視出来ません。
血管注射の針を抜いた後、しっかりと圧迫して血液の流出が止まった事を確認する習慣が、痛みが続くリスク回避に繋がる確実な対処法です。

 

 

アザの痛みが続く原因として、内出血部分が皮膚組織の下を移動する際に神経を刺激する、あるいは敗れた血管から出血が続いている場合などが想定されます。
対処法としては患部を冷やして痛みを緩和する、血管注射後には患部を圧迫してしっかり止血するなどの処置が求められます。

 

スポンサーリンク

関連ページ

あざの治療の第一歩は病院の何科の受診からスタートすべき?.
あざが赤紫に変色する原因を知る
一目見る限りでは区別が難しいあざと青タンの違いについて
あざの上に生じたぶつぶつの原因と正しい対処方法について
身に覚えのないあざの原因と病気との因果関係に関して
ストレスはあざが出来やすい原因?
あざができない打撲の症状とその理由
痣ができにくい体質の人の体質面の特徴について
あざの原因として見過ごせぬ栄養失調
太ももにできる痣の原因は病気のシグナル?
あざの発症を防ぐ上で効果的な処置方法を知る
ふくらはぎに生じるあざの原因と適切な対処方法について
あざが癌化してしまう可能性を検証する
顔に突然出来てしまったあざの原因と病気との因果関係について
顔のあざを隠すばかりでなく安全確実に消す方法を検証する
痣の腫れと痛みがひかない時の対処法について
赤ちゃんのあざは遺伝だけが原因?
治りかけのあざのかゆみの原因と対処法について
あざの真ん中が周囲と比較して白い理由
あざが皮膚の上から消える期間と完全に治るまでの期間は同じ?
いくら時間が経過しても消えないあざの原因と対処法について
ぶつけてない手の甲に生じるあざの原因と正しい対処法
時間の経過と共にあざが広がる理由とは
ビタミン不足が原因の可能性が否めぬ赤いあざと適切な対処法
あざが出来やすい原因として見過ごせぬ貧血
あざが生じた患部の皮膚の膨らみの原因と適切な対処方法
痣が生じた状態での風呂の入り方と注意点
あざが原因と考えられる蕁麻疹の症状について
目の周りに生じたあざの対処に際しての要注意点を検証する