目の周り 内出血 原因

目の周りの内出血の原因や対処法などについて

スポンサーリンク

目の周りなどは皮膚が薄いので、かゆみや痛みを伴わない細かい内出血ができます。
この症状は、体に大きな力がかかることが原因です。
例えば、思い切り泣くとか嘔吐するといったことが原因で目の周りの毛細血管が切れ、内出血ができることもあります。
女性であれば出産で非常に大きな力をかけることが原因で、目の周りなど顔のあちこちで内出血が起こります。
また、運動をすると目の周りに赤い斑点が出現することがありますが、毛細血管が傷つくことによって起こる内出血が原因の可能性が高いです。
また、加齢によって引き起こされる老人性血管腫が原因で目の周りや顔などに内出血が起こる場合がります。
老人性血管腫は多くの刺激を受ける部分や、紫外線を受ける露出した部分に現れやすい症状ですが、良性なので治療せず放置しても問題ありません。
気になる場合には専門の病院で検査をしてもらうのが良いです。
目の周りなどの内出血は毛細血管が傷つくことで起こるものがほとんどですが、何が原因で起きているのか明確にすることが大切です。

スポンサーリンク

長引くしつこい咳などの行動がきっかけで目の周りの毛細血管が傷つくこともあります。
また、大きな力を入れることもなく何もしていないのに目の周りなどに内出血が起こる場合には、血液検査を行った方が良いです。
何か大きな病気が隠れていることがあります。
病気が原因であるとすれば、紫斑病という免疫に関係する病気で起こる場合があります。
紫斑病かどうかは病院で必要な検査を受けると分かるので、頻繁に内出血が起こって不安であれば病院を受診した方が良いです。
患部が腫れている場合には速やかに冷やすと炎症を抑えることができます。
逆に、腫れが引いてからは患部を温めるのが良いです。
血液が皮膚の下に溜まっていくので、時間の経過ともにあざの色が赤から少しずつ青や紫に変化します。
跡が残る場合もありますが、気になる場合には塗り薬を使うという方法があります。
特に目の周りや顔は目立つ場所なので、皮膚科で相談して適切な薬を出してもらうと良いです。
他には、十分な睡眠や栄養バランスの良い食事を心掛けて内出血に対する自然治癒力を高めることが大切です。

スポンサーリンク