指 内出血 腫れ 突然 対処

指が内出血で突然に腫れたときの対処は重要です

スポンサーリンク

指は様々な物を取ったり操作するために頻繁に使います。
そのようなときにぶつけたり挟んでしまったりすることがあります。
突然に痛みが走って内出血が出て腫れたときでも適切な対処をすることでひどくなることを防ぐことができます。
指はそもそも非常に小さな血管が無数に走っている部分です。
内出血が起きたということはその血管が破れてしまったけれど皮膚は破れていない状態です。
皮膚の下に血が溜まっているので腫れも出てきます。
突然にそういう状態になってしまった場合の対処としては指が内出血して腫れた部分を冷やすということです。
突然ぶつけて指が内出血してしまって腫れが出ている時には炎症が起きて熱を持っているという状態になります。
それに対処することが必要になってきます。
突然なので対処に迷ってしまうことも出てきますが、そういう時には冷やすということをすることが大切です。
直接氷をつけると皮膚に負担があるので布などで巻いて冷やすことが重要です。

スポンサーリンク

指が内出血して腫れたときには冷やす他に出血を防ぐために心臓よりも高い位置に置くということがあります。
出来るだけ出血を減らすということも突然に指を内出血した時の対処としては有効です。
そうしているうちに指は腫れも少しずつましになってきます。
腫れが引いてきたら、今度は温めて血行を良くして治癒力を活性化することが必要になります。
突然起こったときの対処としては指の内出血による腫れを冷やすことが大事で、腫れがある程度収まってきたら今度は温めるということを知っているだけでも大きく違います。
突然の対処は慌ててしまうこともありますが基本的な方法を知っているだけで冷静に対応することができます。
もしも、そのような対処をしても痛みがなくならないという場合には骨折など他の原因も考える必要が出てきます。
そのような場合には早めに医療機関などを受診して診察を受けることが必要になってきます。
早めの対処で後遺症などが残ることを防ぐこともできます。

スポンサーリンク