内出血 あざ 消し方

内出血でできるあざの消し方について

スポンサーリンク

内出血とは外部からの刺激などが原因で皮膚の下の組織部分が出血してしまう症状です。
人間には自己治癒能力が備わっているため内出血ができたとしても時間の経過とともに徐々に元の状態に治っていきますが、目立つ部位に内出血のあざができてしまったり、内出血のあざが視覚的にどうしても気になってしまう場合には早くあざを消す消し方があります。
消し方としてはまず内出血ができたらすぐに患部を冷やしましょう。
24時間以内に患部を冷やす必要があります。
ただし直接氷などを患部に当ててしまうと皮膚を傷めてしまう可能性もあるため、タオルなどに巻いてから少しずつ患部を冷やすようにしましょう。
次に内出血のあざや腫れが引いてきたら患部を温めて血行を促進することで治りを早くすることができます。
それからあざの消し方としては鉄分やビタミンCを摂取する消し方も効果的です。
内出血自体は珍しいものではありませんが痛みや腫れがひどい場合には医療機関に行きましょう。
また病気が原因の場合もあるため注意しましょう。

スポンサーリンク

体を強く打ちつけたりして内出血をしてしまった場合には早く治すためにもあざを残さないためにも応急処置が重要になります。
応急処置の方法としてはすぐに患部を冷やしましょう。
この時氷などを直接肌に当てると刺激が強すぎて皮膚を傷めてしまう可能性もあるため注意しましょう。
次に腫れが引いてきたら患部を温めましょう。
患部を温めることで血行が促進され治療のための栄養が運ばれやすくなるため治りが速くなります。
注意点として症状があらわれてからすぐに患部を温めてしまうと炎症が収まらなくなり、症状が悪化する可能性もあるため気を付けましょう。
あざの消し方としては鉄分やビタミンCを摂取する消し方もあげられます。
鉄分やビタミンCは血液にとって必要なヘモグロビンを作る成分なのでこれらを摂取することはあざの消し方として有効です。
それからどうしても早く治療したい場合には塗り薬を使用する方法もあげられます。
内出血は外部からの強い衝撃によっておこりますが病気が原因の場合もあるため注意しましょう。

スポンサーリンク