内出血 できやすい原因

内出血ができやすい原因などについて

スポンサーリンク

内出血ができやすい原因の一つにビタミン不足があります。
現在ビタミン不足はあまり起こりませんが、年齢に関係なく偏った食生活を送ることで起こる可能性があります。
ビタミン不足に関連して、血行不良で血液がドロドロしていて血管が傷ついていることが内出血ができやすい原因となります。
また、慢性的な冷え症であることも内出血ができやすい原因です。
これらの原因に対してはビタミンを積極的に摂取して食生活を改善することが大切です。
加えて、カルシウムや鉄分など血液を作る働きをするミネラルも同時に摂取すると良いです。
そして、露出が多いことも内出血ができやすい原因になります。
露出が多い分、皮膚へ衝撃が直接加わるのでダメージが大きいからです。
あざが気になる場合は、可能な限り長袖や長ズボンを着用して皮膚の保護に努める必要があります。
以上のように日常で食事や身に付けている衣類等の改善に努めることで、内出血ができやすい原因に対処することができます。

スポンサーリンク

食事や衣類以外にも、内出血ができやすい原因に対処する方法がいくつかあります。
半身浴をして体温くらいの温度のお湯に長めに浸かります。
麦茶などノンカフェインの飲料を飲みます。
日常生活でウォーキングなどの軽い運動やストレッチを行います。
手首や足首を温めることで血行を良くします。
無理のない範囲で、できることから継続して行うことが大切です。
また、体質や食生活以外に内出血ができやすい原因として病気が考えられます。
外傷がなくてあざができるといった場合には、血小板が減少して血が止まりにくくなったり出血しやすくなったりしていることが考えられます。
そのような病気の一つに白血病があります。
あざの原因が白血病の場合は放置すると症状が進行していくので、入院して治療をしなければいけません。
抗がん剤治療や骨髄移植によって白血病を完治させられる可能性があります。
白血病を含め、あざと関係する病気は発症する確率自体が低いです。
しかし、あざと同時に風邪のような症状等があって、かかりつけ医で血液検査をしてもらうと値に異常が見られて、専門の病院での検査で大きな病気が見つかる場合があるので気を付けなければいけません。

スポンサーリンク