虫刺され 内出血 原因

虫刺されで内出血が起こる原因やブヨに噛まれた場合について

スポンサーリンク

虫刺されで真っ赤な内出血が起こる場合があります。
これは体内に蚊の毒成分や唾液成分が入ってくることに対して、体がそのような異物を排除しようと働くためにアレルギー反応が起こっていることが原因です。
虫刺されでは、体にとって悪い物質が入ってくるので、体の免疫機能によって血管が炎症を起こし、血管から血液が溢れ出すことが原因で内出血が起こるのです。
内出血が起こらないためには、原因となる虫に刺されないように気を付けることが大切です。
虫刺されで、アレルギーの原因物質が身体の中に侵入して内出血が起こるので、その前に身体の中へ入り込んでくるのを阻止しなければいけません。
病院を受診してアレルギーの検査をしてもらうと、どのような虫による虫刺されかという原因物質を特定することができます。
中には、アナフィラキシーショックの原因となる虫も存在します。
患者がそのような虫に対してアレルギーを持っているかどうか検査すると今後の対策が立てやすいです。

スポンサーリンク

虫刺されによる内出血は、約1ヶ月で治ります。
虫刺されで内出血が起こる場合は、アブや蚊などが原因の場合もありますが、ブヨによって起こる場合が一番多いです。
正確には蚊と異なりブヨの場合は鋭い口で噛むので、皮膚が傷ついて噛まれた場所に内出血が起こります。
虫による皮膚アレルギーには遅延型アレルギーと即時型アレルギーがあります。
遅延型アレルギーは虫刺されから約1〜2時間経過してかゆみや痛みが生じるのに対して、即時型アレルギーの場合は虫に刺された直後から遅くても15分後までにはかゆみのある発疹が生じます。
ブヨに刺された場合に起きるのは遅延型アレルギーです。
もしブヨに噛まれた瞬間に噛まれたことに気付かなければ、多くの場合はしばらく時間が経過してからかゆみや痛みが出て初めて虫刺されに気付きます。
ブヨに噛まれた部位は腫れて膿が溜まるので、患部を消毒して清潔に保ち、よく洗った手の爪で傷口を挟んで膿を絞り出すと良いです。
これはあくまで応急処置なので、後で病院で診てもらうことが大切です。

スポンサーリンク