ヒルドイド 軟膏 内出血

内出血時に処方されるヒルドイド軟膏について

スポンサーリンク

打撲やちょっとした時にアザとして見られる内出血。
これは、皮膚の下にある毛細血管が破れる事によって出血が起こり、皮膚の内部に血液が貯まる事によって、皮膚の上から紫色や赤色のアザに見える症状の一つです。
ケガをした時にすぐに発生する事もありますが、腫れた状態から数日後に、アザとして目に見えるようになってくる事が多いです。
この内出血が細胞内に吸収されて消えるまでに数週間かかる事も多いです。
表面上で見える内出血だけでなく、交通事故や打撲の状況においては胸腔、腹腔、筋肉内などに内出血が起きる事もあります。
打撲で腫れる場合の多くは、皮下に内出血が起こっている場合が多く、脳外や心臓の疾患時に血液が固まりにくくする薬を常時飲んでいる場合などは、効果が高すぎて内出血を起こすこともあります。
高齢者では、ぶつけていないのに皮下出血を起こしている場合は、一つは服用薬剤や毛細血管が破れやすくなっていることもあります。
あまりに繰り返しての皮下出血が見られる場合は病院へ受診して検査をすることも必要です。

スポンサーリンク

この内出血時に病院で処方される薬にヒルドイド(ヒルロイド)軟膏やローションがあります。
このヒルドイド軟膏の成分はヘパリン類似物質で、ヘパリンの3つの作用と言われる、保湿作用、血行促進作用、抗炎症作用があります。
内出血時においてヒルドイド軟膏を塗る事によって、皮膚の血行促進させる効果があります。
打撲等によってできてしまったアザに処方されたヒルドイド軟膏を用いる場合には、1日1回から数回、適量を手のひらにて優しく患部に伸ばすように塗りましょう。
顔面時に使用する場合は、十分に患部を冷やしてから炎症を抑えてから、ヒルドイド軟膏を塗るという方法もあります。
ヒルドイド軟膏を塗ってからの皮膚の色の変化は、赤紫から青く変化し、最後に茶黒や黄色い色に変化してきます。
このようにヒルドイド軟膏などのヘパリン類似物質入りの薬剤は皮膚の血行を促進させる効果があり、新陳代謝を活性化し、血行をよくして内出血をひかせる効果があります。

スポンサーリンク