あざ 内出血 できやすい 原因

内出血であざができやすい原因

スポンサーリンク

内出血を起こすとすぐにあざができやすい人と、そうでない人がいるはずです。
その原因はメラニンの生成と、それが色素沈着に繋がる可能性の高い日常が関係しています。
正しい対処法を知っていると、そのリスクは下げられるかもしれません。

 

 

【あざができやすい傾向】

内出血を起こした後、あざとなって残ってしまうのは原因があります。
それは、メラニンが生成されて、色素沈着を起こしてしまうからなのです。
強い衝撃で内出血を起こすと、皮下が青紫色になるでしょう。
その時に生成されるメラニンが色素沈着を起こしてしまうと、あざができやすい環境に陥ってしまいます。

 

 

内出血が原因で色素沈着が起こると、その部分は周囲よりも透明度の失われた肌になってしまいます。
血管が脆いと内出血ができやすいのですが、それ以上に受傷してからの対処が原因で、見た目のデメリットを生じさせているのかもしれません。

 

 

【あざのできやすい内出血の対処法】

間違った対処法を講じることで、高確率で内出血後にあざが残ります。
つまり、自分自身の行動が肌にあざができやすい状態を作っているのです。

 

 

受傷してすぐに対応しなければ、メラニンを生成する原因が膨らみます。
まずは患部を冷やすことは、すぐにでも手を付けなければなりません。
心臓よりも患部を高くしておくことも重要です。
こうした対処がわかっているだけでも予後が違うはず。

 

スポンサーリンク

【マッサージは逆効果】

内出血のあざが消えないからといって、患部をマッサージして血行を促そうという考えは改めるべきです。
早期からマッサージを行ってしまうと、その範囲が広がり、より一層見た目のデメリットが大きくなってしまいます。

 

 

マッサージを行うことは色素沈着の原因を色濃くするかもしれないと認識して、患部を冷やすことに力を注ぎましょう。
痛みが引いたのであれば、今度は患部を暖めて血行を促進し、早く良化するようにアプローチを行いましょう。

 

 

内出血後にあざができやすいのは、間違った対処が原因であるかもしれません。
受傷後に何をするべきかを明確に把握していれば、自分の対応から今後の見た目に対するデメリットを生じさせないように振る舞うことができるでしょう。

スポンサーリンク