唇 内出血 原因

唇の内出血の原因などについて

スポンサーリンク

健康な人の唇は色がピンクですが、異常が起きていると黒い斑点ができています。
唇の内出血の原因の一つは紫外線です。
皮膚の厚さが他の部分より薄く、他の場所の皮膚と異なって皮脂腺がないので、紫外線の影響が大きくなります。
また、怪我も起こりやすいです。
太陽に長い時間当たっていることで起こる色素沈着や発生するメラニン色素が、黒い斑点に見えることがあります。
他には外からの刺激が原因として考えられます。
何かしらの理由で唇をぶつけると内出血が起こりやすいです。
このような内出血は自然治癒しますが、治癒しなければ別の原因が考えられます。
唇に内出血が起こる別の原因として皮膚がんが挙げられます。
皮膚がんはホクロに似ていますが、ホクロだと思って放っておくと症状が進行するので治療が難しくなってしまいます。
皮膚がんは40代以降に症状が出ることが多く、短時間で成長する所がホクロとは異なります。
異変に早めに気付いて病院へ行くことが大切です。

スポンサーリンク

唇の内出血の発症原因としては、他に口を噛む癖が挙げられます。
癖によって食事以外でも噛む回数が多いと余分な負担をかけるので、その日々の蓄積によって口に少しずつ影響が出てきます。
このことが原因で唇に内出血の症状が出るので、必要以上に口を噛まないように注意しなければいけません。
唇の内出血の原因が癖によるものである場合は、自分で治す努力をしなければ病院の診察を受けても根本的な解決になりません。
口を噛むことは無意識で行われていることも多く、緊張状態や強いストレスの際に気持ちを紛らわすために口を強く噛むこともあります。
よって、この場合にはストレスを溜めないとかストレスを発散させる方法を考えることも大切です。
皮膚がんを除いて外からの刺激による内出血は放っておいても問題はなく、1〜2週間程度で自然治癒します。
皮膚が薄い唇に起こった場合でも、自然に薄くなってなくなっていきます。
気になる場合には、患部を氷等で冷やし続けると早く治すことができます。

スポンサーリンク