足 内出血 斑点 病気

足に斑点状の内出血が起こる病気

スポンサーリンク

足に斑点状の内出血が起こるときには、病気を疑う方も多いはず。
実際にこのような症状を呈するものも存在しますが、一般的には打撲などによるものがほとんどです。
ここでは、その見分け方について説明します。

 

 

【一般的な内出血の症状】

打撲などによって内出血が起こる場合、斑点状にぶつけた場所が赤くなります。
足は何気ない動作でぶつけてしまうことがあるので、知らぬ間に青紫に変色しているということは少なくありません。
特別な病気がなくても、このような状態になるのが特徴です。

 

 

こうした状態を早く解決したいのであれば、痛みが引くまでは患部を冷やし、それが治まった頃に患部を暖めて血行を促すアプローチを行いましょう。
それによって見た目のデメリットを早期に改善できます。
さらには、受傷した直後に冷やすことを徹底し、心臓よりも高い位置に患部をキープすることも有効です。
マッサージなどの刺激を加えないことも、治療の大原則となります。

 

スポンサーリンク

【足に斑点状の内出血ができる病気も存在する】

どこかにぶつけたという理由が見当たらないのに、足に斑点状の内出血が生じているのであれば、それは病気のサインかもしれません。
痛みを伴うことなく、見た目の変化だけでは病気を疑わないでしょうが、単純性紫斑病という状態かもしれません。

 

 

20〜30代の女性に多い病気で、足の毛細血管が破れ、内出血を起こした状態が斑点の模様に広がるものです。
この対処法はビタミンの摂取を行い、血管を強くするというアプローチを行います。
こうしたものも内出血には存在することを知っておくのがおすすめです。

 

 

【自然治癒の経過を観察するべき】

内出血の大半は、自然に症状が消失します。
つまり、痛みなどの刺激はもちろん、見た目の変化も徐々に元通りになっていきます。
もしもほかの病気が原因であれば、こうした継時的変化を追っても解決に向かうことがないのが一般的。

 

 

経過を観察する目を養うことで、足に斑点状の内出血が起こっても、病気の存在に怯えることなく日常が過ごせます。

 

 

足に斑点状の赤みが生じているのであれば、病気との鑑別を行うべきです。
そのまま自然に軽快するのか、それがいつまでも残っているのかによって、対応の有無が大きく異なります。
まずは基本となる対策を知り、困った時には医療機関へ相談しましょう。

スポンサーリンク