内出血に対する湿布の効果が期待できる時期

内出血に対する湿布の効果が期待できる時期

スポンサーリンク

内出血はいつまでも湿布を使うわけではなく、あくまで痛みが生じているタイミングに投じるべき。
効果があるのはその期間だけで、痛みが引いたのであれば今度は暖めることに力を注ぎましょう。
そのコツがわかっているだけでも早期改善が期待できます。

 

 

【内出血の急性期はシップが効果的】

内出血を起こしている状態には、痛みが伴うことが多く存在します。
その苦痛を和らげてくれるのが、鎮痛効果のある湿布です。
患部に貼るだけで痛みを軽減できるので、誰でも初動として行うことが多いでしょう。

 

 

でも、急性期の湿布は効果があるのですが、それをいつまでも使い続けるのは、かえって内出血の回復を遅らせてしまうことも知っておくべきです。

 

 

【内出血治療は切り替えのタイミングが存在する】

内出血の治療は、痛みが存在する時期と、それが治まった時期とで切り替えが必要です。
全く逆のことをするというのも特徴的ではないでしょうか。

 

 

急性期は湿布で患部を冷やし、痛みを和らげることを行うはず。
でも、痛みが焼失したのであれば、今度は血行を促進するために暖めるということを意識しなければなりません。
こうした使い分けを行うことができると、効果の高い治療が誰でも実践できるでしょう。

 

スポンサーリンク

【対応がわかると早期回復が見込める】

内出血は対応のコツがわかるだけでも早期回復が実現できます。
湿布で冷やすことは、治療の初動としては正解です。
でも、いつまでも冷やすということがメリットにはならないことを踏まえた上で、生活のコントロールをしなければなりません。

 

 

効果を発揮するタイミングがわかるようになると、内出血を起こしても困ることはありません。
自分だけでなく周囲で悩んでいる人がいるのであれば、正しい対応方法を教えてあげてください。

 

 

内出血の急性期は湿布が効果を発揮しますが、いつまでも湿布に頼り続けるのはやめましょう。
患部を暖めて血行を促進させることに力を注ぐ時期もあるので、あくまで痛みが生じているタイミングで使用するというのが正しい選択です。

スポンサーリンク