足 毛細血管 内出血 原因 対処

足の毛細血管の内出血原因と対処法を調べてみよう

スポンサーリンク

足の毛細血管が切れて内出血が起こる原因は、いろいろあります。
原因と対処法を調べておくと安心です。
特に、よく毛細血管が切れて内出血ができてしまう人は、原因を探っておきましょう。
一般的に言われているのは、足の毛細血管が元々、細くて弱い人です。
こういった人は、当然、ちょっとした衝撃でも毛細血管が切れてすぐに内出血の跡が残ってしまいます。
これが原因の場合、対処法はありません。
血管をこれから強くすることはできないからです。
しかし、ある程度の対処法はあります。
足に衝撃を与えないようにすることです。
毛細血管が切れやすいのなら、足を圧迫しないように気をつけましょう。
そうすれば、内出血もできにくくなります。
原因によって対処法は違ってくるので、まずは原因を探ってみましょう。
自身で判断しにくいため、あまりにも気になる人は、内科で血液検査を受けてみることをお勧めします。
そうすれば、血液や血管の状態を知ることができます。

スポンサーリンク

足に内出血ができてしまった場合は、冷やせば良いとよく言われています。
特に腫れている場合には腫れを引かせるために冷やした方が無難な対処法です。
それから、足に負荷を与えないようにすることも大切です。
マッサージをして圧迫しないように気をつけましょう。
運動をしたり、足を酷使したりすることも内出血の跡が目立つ時には控えた方がいいかもしれません。
それから、毛細血管が切れやすい人の中には、何らかの病気の可能性も否定できません。
あまりにも内出血が起こりやすいのなら、今一度、病院で調べてみましょう。
原因を知ることができるはずです。
もちろん、対処法も担当医から教えてもらうことをお勧めします。
正しい対処法を知っておくことが大切です。
毛細血管はいろいろなところにあります。
足だけではなく、腕など、体の広範囲で切れて内出血ししやすい人は、原因が体全体に関係していることも少なくありません。
ダルさを覚えることもあるので、無理せず過ごすようにしましょう。

スポンサーリンク