指先に斑点のような内出血が見られる病気の原因

指先に斑点のような内出血が見られる病気の原因

スポンサーリンク

 

ぶつけたりしたときに、内出血を起こしてしまうことがあります。
指先などでは挟んでしまうようなこともあるため、原因もはっきりしているでしょう。
ところが、斑点ができるなど病気が原因となっている場合もあることを知らなければいけません。

 

 

【指先に斑点のように変化が見られたとき】

 

指先などでは、挟んでしまったりしたときには、筋肉や血管が傷つき内出血が見られることがあります。
こうした内出血は、原因としてはわかりやすいもののといえるでしょう。
ところが、そういったことがないのにもかかわらず斑点ができるように内出血が見られる病気もあります。

 

 

【研究が進められるアレルギー性紫斑病】

 

指先に斑点のような症状が見られるような病気として、アレルギー性紫斑病があります。
原因がはっきりとしていない病気のひとつで、血液中で抗体が過剰反応してしまうことが原因で斑点のように現れるというのがプロセスです。
しかし、原因としてはいまだに研究が進められており、子供たちがかかりやすいことはわかっています。

 

スポンサーリンク

 

【まだわからないことが多い血小板減少性紫斑病】

 

血小板減少性紫斑病も指先に斑点ができるように内出血を起こしたりすることがある病気です。
血液中の血小板が減少することが原因ですが、血液が凝固しにくいため、内出血しやすい状況になっているといえるでしょう。
ほんの少しのことでも内出血が増えていくことになるため、斑点が現れたりすることがあります。
これも原因がはっきりしておらず、免疫異常から血小板が壊されてしまうことが問題であるということしかわかっていません。

 

 

【白血病の問題】

 

血小板が減少するということでは、白血病が問題になっていることもあります。
非常に怖い病気であり、原因もさまざまですが、内出血も起こしやすく、時間とともに斑点ではなく大きくなるのであれば、疑っていかなければいけません。

 

 

指先でも反転のように内出血が見られることは、いろいろな病気が考えられます。
特に子供たちに見られることもあるため、指先の変化でも病気になっていないか検査することも必要でしょう。

 

スポンサーリンク