ふくらはぎの肉離れで起きる内出血の対処方法

ふくらはぎの肉離れで起きる内出血の対処方法

スポンサーリンク

 

スポーツをしている人にとって、肉離れという言葉は聞きなれたものでしょう。
ふくらはぎでも起こりやすいけがであり、内出血を伴うことから、しっかりとした対処方法を学んでおく必要があります。

 

 

【スポーツしていると可能性のある肉離れ】

 

肉離れは、筋肉の動きによって起きる怪我です。
筋肉は収縮運動を繰り返していきますが、ふくらはぎもこの力に耐えられなくなった場合に、筋肉の繊維が離れるようなことが起きます。
強い痛みを発するだけではなく、ふくらはぎからは内出血も見られるところが特徴です。

 

 

【ふくらはぎの肉離れ】

 

ふくらはぎの肉離れは、非常に強い痛みを発します。
歩行も困難になることがほとんどで、放置したままではなかなか回復しません。
病院で適切な対処を受けるということが、最も確実な方法といえるでしょう。
特に内出血がひどい場合には、明確な対処をしておくことで、回復を早めることもできます。

 

スポンサーリンク

 

【内出血にも有効な対処方法となるRICE処置】

 

RICE処置という方法がありますが、ふくらはぎの肉離れに伴う内出血には、大変有効です。
受傷してしまったときには、まずは安静にしなければいけません。
下手に動くと内出血を悪化させることも出てきます。
次に氷水などで冷やすことが必要です。
ふくらはぎの組織が破壊されたことで発熱もともなってくることになるため、積極的に冷やします。
これが回復にもつながるため、十分に冷やしましょう。

 

 

【患部が腫れ上がるのを抑える対処方法】

 

次にふくらはぎを固定します。
肉離れを起こしている状態では、患部が腫れ上がってしまうことにあるため、出血も増えてしまいます。
これを固定することで出血を少なくするとともに腫れも防ぐことが可能です。
ですが、あまりに強くしてしまうと、組織を壊死させてしまうため、ほどほどに抑えることが必要といえるでしょう。
内出血をしている状況ですので、心臓より高くするということも対処方法です。
血液の流れに抵抗するわけですから、確実に出血量を下げます。

 

 

肉離れにもさまざまな対処がありますが、この怪我を押してスポーツするのはナンセンスです。
適切な対処方法を取り、悪化させないようにすることで回復も早めていくことを考えましょう。

 

スポンサーリンク