打撲による内出血は治し方として揉むのは有効か

打撲による内出血は治し方として揉むのは有効か

スポンサーリンク

 

打撲をしたときに内出血ができてしまうことがあります。
痛みも出てくることがありますが、あざができれば早く消したいと思うでしょう。
その方法としてもむことが治し方といわれることがありますが、常に効果的とは言えません。

 

 

【内出血はタイミングが重要】

 

打撲による内出血は、もむことが治し方になることもあります。
ですが、タイミングを見極めないと、逆効果になってしまうことを忘れてはいけません。
特に受傷した直後は揉むことは控えなければいけません。
逆に打撲の症状が安定してきたときには、揉むことは大切な治し方になります。

 

 

【人間のもつ自然治癒力とダメージ】

 

人間の体の構造に関わってきますが、受傷すれば自然に治癒しようとしていきます。
打撲をしたということは、組織も傷がついている状態ですので、揉んでしまえば、ダメージを増やすことにつながります。
必死に修復をしようとしている段階で傷を増やすことになるのですから、揉むことは控えるべきでしょう。

 

スポンサーリンク

 

【血行を良くするということ】

 

揉むという行為が重要なのは、マッサージであるということです。
治し方として考えた場合、打撲の内出血をマッサージして血行を良くすることができるということになるでしょう。
血行が良くなれば、晴れも少なくすることができますし、内出血などの回復も早めることができるようになります。
血液を集めやすくすることによって、修復速度も速くするといえるでしょう。

 

 

【治し方として揉むと同時に温める】

 

揉むことが治し方として効果的なのと同様に、温めるという方法も重要です。
血行を高めるため、入浴中におこなっていけば、同時に高い効果を発揮することができるでしょう。
内出血の色などでも判断することができるため、打撲を早く治すためにもタイミングを間違わないことが大切です。

 

 

打撲の内出血は、タイミング次第で揉むことが治し方として重要になってきます。
赤紫になっているときには、出血が続いている状態を表すため、区別していくことが大切です。

 

スポンサーリンク