内出血の跡が残るのを未然に防ぐ対処方法はあるの?

内出血の跡が残るのを未然に防ぐ対処方法はあるの?

スポンサーリンク

 

内出血の跡が残る場合の対処方法は、どのようなものがあるのでしょうか?そもそも、なぜ内出血しているのか、その原因によっても跡が残るものもあれば、対処の方法にも違いがあります。
ここでは比較的起こりやすいとされているニキビや打撲などの対処方法について確認していきたいと思います。

 

 

【症状別により内出血の跡が残ることもある】

 

おもに内出血は、どこかに身体をぶつけた場合やかゆみを伴う皮膚の炎症で掻き壊してしまったことや、ニキビなどをつぶしてしまったことによりアザの跡などが残るのですが、どのような対処方法がいいのでしょうか。

 

 

皮膚の組織は意外と複雑です。
細かい毛細血管ありますので、ほんの少しのことが要因となり内出血することがあります。
ドアなどにぶつけてしまった場合など原因がはっきりとわかっているのであれば、冷水で冷やすなどすぐに対処するといいです。
内出血では、早めに止血することが重要となるからです。
止血しても、アザができるのですがそれでも広範囲に広がらないで済みます。

 

 

そして時間が経過して痛みもなくなったら、今度は温めてあげる対処方法を行います。
これは血行をよくする効果があります。
アザの跡が残るようであればこの方法を試しましょう。

 

スポンサーリンク

 

【気になるニキビの跡が本当は内出血かも!】

 

思春期ならばニキビもできやすく、正しい対処方法として薬用成分配合の洗顔クリームを利用している人もいるはずです。
しかし、ニキビなど気にもせずに平気で潰してしまう人もいるはずです。
間違った治療法をしていれば、跡が残ることがあります。
色素沈着することで、シミに変化していきますので、手遅れにならないためにもちゃんとした治療を行いましょう。

 

 

ニキビを潰すことは禁物です。
一つくらい平気だとも思わないでください。
他の部位と同じように血管が傷つき出血します。
それが皮膚の表面に見える内出血です。
皮膚の奥では赤や青色に見えて、皮膚の表面に近くなれば黒色になります。
これがいつまでも残るのは嫌ですよね。

 

 

このように内出血の跡は意外と残るものです。
数か月で消えることもあれば、数年かかる場合もあるので、初期の段階でしっかりと正しい対処を行っておくべきです。
特に顔など目立つ箇所では、皮膚科を受診して適切な処置をしてもらうことをおすすめします。

 

スポンサーリンク