掻いたところが内出血になる原因と対処方法について

掻いたところが内出血になる原因と対処方法について

スポンサーリンク

 

虫刺されがきっかけとなり、かゆみがいつまでも続いてしまうことがあります。
夜寝ているときなど気づかないうちに思い切り掻きむしっていることなど経験されている方も多いでしょう。
掻いたところが内出血することや、酷い掻きかたをすれば、出血とともに何か液体までも出てきて、それが原因でかゆい場所が広がってしまうこともあれば、皮膚が爛れてしまうことも考えられます。
ここでは、掻いたところの内出血の対象方法について考えてみたいとおもいます。

 

 

【掻いたところが内出血になる原因を知ることが大切】

 

かゆみがあり、掻きむしりたくなることは誰にでも起きうる症状です。
蚊やダニなどの毒虫に刺されている原因があるのならば、早く治す方法として虫刺されの軟膏などを塗ることでかゆみの症状も治まるのですが、ぶりかえしかゆみが起きることで、自分でも我慢できずに掻きむしっていることがあります。
かゆみを対処する薬も効果があまりなくて、掻いたところを見てみると血がにじんでいるし、爪のあとまであり掻きすぎてしまったと後悔することがあります。

 

 

しばらくすると、掻いたところが内出血しているように赤くなっていることがあります。
とくに足首のあたりは、いつまでかゆみが残り、気づくと数か月経っていることだってあるのです。
そのような場合には、自己対処方法に頼らず、皮膚科を受診することが大切です。
内出血の跡も残っていることが多く見受けられますし、しっかりと治療することは必要です。

 

スポンサーリンク

 

【ほかにもある掻いたところの内出血!対処方法はあるの?】

 

虫刺されだけではありません。
体温が上昇するといつの間にか、腕や腹部、太ももなどもかゆくなることはありませんか?実はそのかゆみは別の病気が原因かもしれません。
かゆいからと、かゆみ止めの薬を塗る対処方法で本当によくなるのでしょうか?

 

さて、このように虫刺されでないかゆみを掻いたところ、内出血が起きてアザができることがあります。
見た目もハッキリとしているアザならば問題ありませんが、細かい斑点であればその原因は、特発性血小板減少性紫斑病という病気かもしれません。

 

 

これは血小板が減少することが原因なのですが、免疫異常である場合も考えられます。
また、アレルギー疾患が原因であることも考えられます。
かゆいからと、かゆみ止めを塗っているだけの対処方法ではいつまでも完治しませんし、症状も悪化する恐れもあります。

 

 

かゆみの原因を知らないで対処していると、皮膚のバリア機能も低下してしまいます。
また細菌やカビなどが原因かも知れません。
強そうに見える皮膚は身体を外敵から守ってくれる大切な鎧になりますからしっかりとした対処方法で治すことが大事でしょう。

 

スポンサーリンク