耳たぶに生じる内出血の原因と病気の繋がりについて

耳たぶに生じる内出血の原因と病気の繋がりについて

スポンサーリンク

 

耳たぶにできてしまう内出血は、スポーツ選手に多くみられる症状の一つですが、治療することが難しいことでも有名です。
また、耳たぶはとても柔らかい部位ですので、ちょっとしたことでも痛みを生じやすくなりますし、内出血も起きやすくなってしまいます。
なぜ症状がでるのかその原因と病気との関連性について説明します。

 

 

【耳たぶの内出血の原因は?病気かもしれません】

 

アメフトやラグビーの選手、柔道や力士など大きな体がぶつかり合うスポーツ競技では、ぶつかった拍子に身体に大きなダメージが引き起こされることがあります。
特に柔らかい部位などは、ぶつかった時の圧力で押しつぶされてしまうことが頻繁にあります。

 

 

これは耳介血腫(じかいけっしゅ)と呼ばれている耳たぶの病気です。
押しつぶされてしまった耳たぶには、内出血が起きますが、血腫ができやすく、すぐに固まってしまうことからこの病気は完治するのが難しいとも言われています。

 

 

原因が身体をぶつけ合うスポーツなのであれば、それを辞めない限り内出血が起きてしまいます。
また、その病気を繰り返していることで、耳たぶがつぶれてしまいます。
内出血も原因がスポーツであることで諦めざる負えない人もいるでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

【子供や高齢者にも多い耳たぶの出血の原因とは】

 

子供たちは転んでしまった拍子に耳たぶをぶつけていることがあります。
内出血が原因で血の塊があるようでしたら、病院でその部位に広まっている血液を注射でとる方法もあります。

 

 

また、高熱を生じている場合にも、それが原因で耳たぶに熱を持つことがあります。
ひょっとしたことで内出血が起きてしまう場合もありますが病気ではありません。
眠るときには気をつけて、痛みを生じている耳をかばうように眠るといいです。

 

 

とても柔らかい耳に内出血が起きてしまうとかなりの痛みも生じますし、アザが残ってしまわないのか心配になるでしょう。
原因を知ることで最善の治療を行うことができます。
またスポーツを続けなければいけない場合でもまた耳介血腫という病気に悩まされることを十分に理解することが大切です。

 

スポンサーリンク