赤いプツプツのような斑点の原因は内出血?

赤いプツプツのような斑点の原因は内出血?

スポンサーリンク

 

お風呂にはいる時などにふと赤い斑点、プツプツが出来ていることに気が付くことがあります。
こうした斑点の原因が内出血ということもあります。
まずは原因をしっかり突き止めて対処策を考えましょう。

 

 

【これは皮膚病?赤いプツプツのような斑点が気になる】

 

ふと体をみると赤いプツプツしたような斑点が出来ているという時、多くの方は皮膚科に行くと思いますが、実は皮膚そのものに疾患があるのではなく内出血が原因でこうした赤い斑点が出来ていることもあります。

 

 

かゆみもなくじくじくしているわけでもないというと、内臓などが悪い状態なのでは?と思う方も少なくありません。
しかし多くは皮膚の炎症や皮下出血などの内出血が原因となっていることが多いのです。

 

 

【血管が破れたことによって出てくることもある】

 

かゆみがない場合には、皮膚そのものの疾患ではなく、赤い細かいプツプツなら内出血を起こしている可能性もあります。
血管が何かの原因で敗れた状態で、それによって毛細血管がきれた部分が赤いプツプツに見えるのです。

 

 

うっ血性皮膚炎などが原因となって内出血が起りこうした症状となる事もあります。
うっ血性皮膚炎は特に立ち仕事が多い場合や座りっぱなしになっている方などが起こしやすいといわれています。

 

スポンサーリンク

 

【赤いプツプツ、斑点はむくみが原因ということもある】

 

赤いプツプツや斑点についてはむくみが原因で内出血を起こしているということもあります。
むくみが起るとリンパ液や血液の流れが悪くなり、少しこすったりしただけでも内出血を起こすことがあるのです。

 

 

斑点のようなものが自然にできたという場合などは、水分の摂取をしっかり行って改称されたということもあるので、日頃の生活の中で水分を摂取できているかどうかも考えてみてください。

 

 

【症状が改善しない場合】

 

かゆみもなく他に何も原因がない、水分摂取を考えたりしてもこうした斑点の箇所が消えない、多くなるという場合には、その他、内臓疾患等も考えられるので医療機関を受診される方がいいと思います。

 

 

むくみの対処として圧迫靴下をはく、マッサージを行うなど行ってみてそれでも症状が改善しない時には、自己判断せず専門医療機関を受診しましょう。

 

 

皮膚に何らかの症状が出てくると人から見える部分などは特に気になります。
何か悪い病気?と不安になるよりも医師に診てもらい何が理由なのかを知る方が安心でしょう。
元々アレルギーなどがある方も内出血が要因で症状が出てくることもあるので心配な場合には受診しましょう。

 

スポンサーリンク