内出血のアザが消えない原因は?対処方法を確認しよう

内出血のアザが消えない原因は?対処方法を確認しよう

スポンサーリンク

 

打ち身や打撲など身体に受けた強い衝撃により内出血が生じることがあります。
そして、その内出血はアザなどに変化していきますが、アザになり跡がなかなか消えないことがあります。
いつまでも消えないのは、何か原因があるのでしょうか?内出血でできてしまったアザなどに効果的な対処方法について説明したいと思います。

 

 

【内出血の跡が消えない原因について】

 

内出血のアザが消えないことがあります。
打撲したすぐ後は、赤くなり徐々に黒くなります。
その次は紫色へ移行して青から緑へ最後に茶色になりその色が薄くなってくると肌色と同じになりアザが消えます。

 

 

しかし、強い打撲であれば炎症もかなり酷いものになってしまうことから、内出血もなかなか消えない原因となります。
この場合の対処方法について考えた場合ですが、血行促進が対処として効果が高いと考えられています。

 

 

打撲のアザでは、早く治すためには血の巡りをよくすることが大切です。
方法としては、温めること!温湿布でも温めたタオルでも構いません。
この対処方法であれば、打撲が原因で広がってしまった血液からできたアザを薄くしていくことで、有効的な方法でしょう。

 

スポンサーリンク

 

【消えない原因を探して根本から対処する方法】

 

なかなか消えないアザについては、根本的な観点から対処する方法を見つけ出す必要があります。
ビタミンを多く含む食品、くだものなどを普段から積極的に摂取して予防する方法です。

 

 

ビタミンが多く身体に取り入れられれば、止血作用も高まります。
アザが消えないからと悩むまえに原因を見極めることこそ、早く治すために必要でとても大切なことでしょう。

 

 

ビタミンは、小松菜・モロヘイヤ・ひじき・レモン類などたくさんの野菜やくだものから摂ることが可能です。
こまめに毎日の食事で食べていれば、皮下組織内の毛細血管も丈夫になるはずです。

 

 

消えない内出血のアザで悩みを抱いている方は多くいらっしゃるとおもいます。
適切な対処をすれば、必ず結果はついてくるものです。
病院で原因を探り、ベストの対処方法を見つけるといいですね。

 

スポンサーリンク