内出血はいつ治るのか?完治までの期間

内出血はいつ治るのか?完治までの期間

スポンサーリンク

 

足や手などぶつけた時には、腫れとともに内出血になるケースが多いのですが、完治するまでの期間は、いつ頃になるのかなど心配している方もいると思います。
ここでは、内出血で出来てしまった場合にいつ治るのか、完治期間についてくわしくみていきましょう。

 

 

【内出血は打撲が原因の場合、治るのに時間がかかるもの?】

 

打撲などは、男の子を育てている家庭では、かなり頻度の高いケガになることが多くみられるようです。
子供の頃から友達と思いきりぶつかり、たんこぶを作ってみたり、ドアに思いきりぶつかって大泣きしたと思えば、ぶつけた跡が腫れてしまい、気が付くと内出血が起きていることがあります。
本当に男の子は、目が離せないほどやんちゃで活発に動くので注意している親御さんも多いことでしょう。

 

 

ところでぶつければ、内出血ができますが、いつ頃になれば跡は消えるのでしょうか?どの部位で内出血が起きているのかにより、完治する期間にも差が生じてきます。
また、症状の酷い場合には、1か月くらいは治ることがありません。
その後は、アザやしこりなどになることがあれば、完治する期間も大幅に伸びてしまうはずです。

 

 

このような場合ですが、早く治るためにも患部を温めてあげると血行が促進されて、アザやしこりなどが吸収されていきます。
いつ頃から、この治療をはじめてもいいのかは、病院での診察時に担当者から説明してもらうのがいいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

【いつがよかったの?早く治るための処置を開始する期間とは】

 

実は、内出血の症状が酷くならないためには、打撲後すぐに氷水などでアイシングすることが大切です。
強い衝撃を受けていますので血管からの出血を素早く止血すると完治までの期間が短くなります。

 

 

また炎症も治まることができますから、腫れも最小限に食い止めることができます。
これならば、完治するまでの期間も長引かないことでしょう。

 

 

内出血は、いつ治るの?完治するのという声も聞かれますが、適切な処置をしていれば、いつか治るものだということを理解して、治療にあたるといいですね。

 

スポンサーリンク