お酒を飲むと内出血のようなあざができるその原因とは

お酒を飲むと内出血のようなあざができるその原因とは

スポンサーリンク

 

お酒を飲むとあざのような内出血のようなものが身体にできることがあります。
アルコールが体内に入った時のみの症状ですが、この原因とはどういうことなのでしょうか。
また対策なども理解しておきたいものです。

 

 

【お酒を飲むとあざのようなものができる?】

 

お酒を飲むとあざのような内出血が出来ている?となると、肝臓など内臓に何らかの疾患があるのでは?とびっくりされる方も多いです。
アルコールの摂取によって内出血などができる原因は、酔っ払ってどこかにぶつけたという場合と、内臓に原因がある場合などが考えられます。

 

 

泥酔してどうやって帰宅したんだろう?と思うくらいに酔っ払ったという時には、ふらふらとまともに歩くこともできないという人も多いので、看板にぶつけたり、帰宅して家の中でどこかにぶつけて内出血が出来た等、打撲が原因となる事もあります。

 

 

【お酒を飲んでも意識がしっかりしている場合】

 

お酒を飲む、でも意識がしっかりしていてそれほど酔っていない、でも翌日体にあざのような内出血があるという場合、一度医療機関を受診される方がいいかもしれません。

 

 

毎日お酒を飲む人は肝臓がいつの間にかダメージを受けて何らかの疾患となっているか、肝臓が弱っていることが原因となっていることがあります。

 

スポンサーリンク

 

【肝不全になると内出血のほかにも症状がある】

 

肝臓の疾患が原因でお酒を飲むと翌日あざ、内出血ができる場合、肝臓の状態を医療機関等で検査してしかるべき治療を受けることが必要となりますし、お酒をひかえることも必要です。

 

 

肝不全になると内出血、あざなどができるほかに、黄疸や強い疲労感、倦怠感などが見られるようになり、さらに進行するとアンモニアが脳にまわり精神障害なども出てきます。

 

 

【ぶつけたなどの原因がないという場合には医療機関を受診する】

 

お酒を飲むことで翌日、あざなどができる場合で、打撲したことなど、原因が見つからない時には、かならず肝臓などの内臓の検査を受けてみましょう。

 

 

肝臓は早期治療をおこなうことで機能回復してくれる臓器です。
ただ肝不全までいくと進行を食い止めることが難しくなるので、医師の診察を受けて必要なら適切な治療を受ける必要があります。

 

 

アルコールの摂取によってあざなどができる場合、打撲などの理由がないならアルコールによって肝臓などが弱くなっているかもしれないと考えるべきです。
早期治療を開始することで肝臓疾患の進行を食い止めることもできます。

 

スポンサーリンク