高齢者の皮下出血の原因と予防策を知ろう

高齢者の皮下出血の原因と予防策を知ろう

スポンサーリンク

 

高齢者に多く見られる皮下出血について考えていきたいと思います。
高齢になれば、よろけたりもしますし、ほんの少しイスにぶつかっただけでも内出血が起きてしまうこともあります。
アザが出来ている部位によっては、虐待を受けているのかもしれないと心配されることもありますが、一体なぜ皮下出血が起きてしまうのでしょうか。
その原因と予防方法について説明します。

 

 

【高齢者に多い赤紫色のアザの正体とは】

 

少しだけ壁に当たってしまったことで、四肢に大きく広がる皮下出血が起きてしまうことがあるのは高齢者だけかもしれません。
年齢とともに血管はもろくなります。
ほんのちょっとの出来事で毛細血管にキズがついてしまい、皮下出血を引き起こしていることが考えられます。

 

 

これは高齢者特有の紫斑病である可能性が高いです。
実は毛細血管の周りには筋肉や太い血管がありますが、老人になるとすべて弾力を失い、とても薄い血管内膜だけになってしまいます。
ぶつけたことでもろくなっている毛細血管から出血すると皮下出血として大きく広がってしまうのです。
これが赤紫色の原因で老人性紫斑と呼ばれている紫斑病なのです。

 

 

【血管がもろくなるから仕方ない?原因を知り予防策を考える】

 

皮下出血の原因が紫斑病であれば、高齢者特有のものだから諦めるしかないのかもしれませんが、予防法などがあれば知りたいものです。

 

 

血管だけでなく皮膚までも年をとってしまうので出血も引き起こしてしまいますが、高齢者の場合には高血圧や脳出血など血圧を下げる薬を服用していることも多く、血液もサラサラで固まりにくくなってしまいます。
予防するにせよ他の重大な疾患が隠れていることもありますので注意する必要があります。

 

スポンサーリンク

 

【普段の食生活でも予防策がある】

 

皮下出血の原因がわかっているのであれば、予防策があるはずです。
高齢者だからと諦めずにできることからはじめてみましょう。

 

 

皮下組織は高齢になればコラーゲンが減少してしまいます。
毎日、コラーゲンを摂取することが必要です。
また、いとも簡単に皮下出血ができますので原因を作らないように生活することが大切です。

 

 

高齢者だから皮下出血ができやすいかもしれません。
それが原因で薄い皮膚に血液が広がり紫斑病にかかりやすいこともわかっています。
予防するには日常生活にゆとりを持ち、決して焦らないことです。
少しでもどこかに触れてしまうだけでアザが広がってしまうのであれば余計に予防しましょう。

 

スポンサーリンク