皮下出血の治し方や処置について知ろう

皮下出血の治し方や処置について知ろう

スポンサーリンク

 

皮下出血と内出血は別物なのでしょうか?内出血は、打撲したりどこかに身体をぶつけてしまうことで毛細血管が傷ついて出血するけれども、皮膚が切れているわけでなないので、血液は皮下に留まり行き場を失うことで、外見上は青アザのように見えるものです。
それでは皮下出血はどのような症状なのか、治し方など処置方法を説明します。

 

 

【皮下出血について知ろう】

 

ところで皮膚の下がどのような組織で成り立っているのかご存知ですか?筋肉や血液、骨があるのはわかると思いますが、それ以外にも血管、神経などが通っていますし、脂肪などの細胞もあり形成されているのです。

 

 

この皮下組織に存在する血管が打撲などにより切れてしまうことを皮下出血と呼んでいるのです。
内出血と同じく、血液が流れてしまうわけではありませんので、同じようにアザとなるのです。
またこの状態は皮下血腫とも呼ばれています。

 

 

【皮下出血の原因を知る】

 

皮下出血は打ち所の悪い打撲や捻挫などが原因と考えられています。
交通事故などでも起こりますし、四肢だけでなく、頭や腹部、胸部なども衝撃によって皮下出血を引き起こしてしまいます。

 

スポンサーリンク

 

【正しい治し方を知ろう!処置方法とは】

 

交通事故などによる皮下出血では、アザができた部分が色素沈着することが度々報告されています。

 

早めに処置することで、その後の見た目にも違いがあると考えられています。

 

 

それではどのような治し方があるのでしょう。
それは血流をよくすることです。
食事療法が一番良い処置方法です。
血液を作る鉄分やヘモグロビンの吸収力をアップさせるためにビタミンCを多めに摂り入れましょう。
小松菜・レバー・いちご・ブリッコリーなどがおすすめの食材です。

 

 

患部が腫れている場合には、冷やす処置を行います。
また、腫れが収まってきたら、血液の流れをよくするために温める処置を行います。
治し方にも違いはありますので確認してから処置しましょう。

 

 

皮下出血では、血行促進のための治し方として投薬治療の処置もあります。
おもに漢方などを用いた治し方になるのですが、症状をよく見極めてから処置するといいでしょう。
治し方にも手術を用いた方法もありますので確認しておくといいでしょう。

 

スポンサーリンク