手術後の皮下出血、原因と対処法

手術後の皮下出血、原因と対処法

スポンサーリンク

 

皮下血腫は高齢者が発症しやすい疾患だとも言われていますが、原因はそれだけではありません。
実は子宮疾患などで手術した場合に開腹手術後しばらくしてから、皮下血腫を起こすことがあります。
原因を見極めてその対処法など詳しく説明します。

 

 

【手術後に皮下出血になるのはなぜ?】

 

手術後には皮下出血が起きやすいと考えられています。
この原因は手術中の合併症です。
対処方法は、手術後には安静にすることで術後管理を徹底に行います。
傷口がなかなか塞がらない場合やほんの少しの違和感などを感じたら、皮下出血が起きているかもしれません。

 

 

まずはなぜ皮下出血が引き起こされたのか原因を調べなければ、適切な対処法も見つからないでしょう。

 

 

【出血量が多いのが原因?対処法はあるの?】

 

患部の切除などした部位は、水分や血液成分が溜まることがあります。
そして患部が膨れたり腫れたりします。
血腫になることも多く、それらが原因となり血液が広がり皮下出血になってしまうのです。

 

 

対処法ですが、とにかく手術後は安静に過ごすことです。

 

スポンサーリンク

 

【どのような部位でも手術後には起こりやすい】

 

日帰りの簡単な手術でも、外科的手術の場合でも傷口の周囲には、炎症とともに出血しやすい環境になります。
また、口腔内でもインプラントの手術後には止血がうまく行かずに皮下出血が起きやすい状態になります。

 

 

出血が原因で皮下血腫にもなることも否定できません。
もしも血腫ができてしまったら、対処法としては再度手術をして、その部分を切除することになります。
特別な対処法はありませんのでとにかく、安静にしていることが一番ですね。

 

 

皮下出血は、案外簡単に生じてしまいますが、それが手術後であれば尚更心配になるでしょう。
原因が手術ならば、医師だけの問題でもありませんし、術式によっては止血しずらい場合もでてきます。
万全な対策を練っていても、出血しやすく、歯茎などもアザのようになってしまうことから、手術後に少しでもおかしな変化が生じたら、早めに病院を再診することです。

 

スポンサーリンク