皮下出血でしこりや血腫になった場合の対処方法

皮下出血でしこりや血腫になった場合の対処方法

スポンサーリンク

 

打撲などが原因で皮下出血ができてしまうことがあります。
すぐ氷水などで冷やすことをしてみたり、腫れているのが気になるので病院も受診して、湿布や炎症を抑える内服薬なども処方されたけれどもしばらくしたら、皮下出血した箇所がしこりになっていて、血腫ができていることに気づくこともあるでしょう。
このような場合には、しこりが残ってしまうのか心配になるでしょう。
どうすれば血腫がなくなるのか、対処方法について確認しておきましょう。

 

 

【皮下出血でできた血腫は徐々になくなる?】

 

実は、ぶつけた後にすぐ病院へ行くことができれば、皮下出血の状態を確認して血腫部分に注射器を刺して血液を抜く対処方法があるのですが、数日経過していればすでに血腫として固まってしまって、しこりになっているはずです。
徐々にしこりも小さくなっていくので特別な対処方法を行う必要もありませんが、いまさら切開したり注射で皮下出血を対処することはできませんので、できる限り血行促進する方法を試してみるといいですね。

 

 

血腫そのものは、血流がアップすれば代謝もよくなり、吸収するようになるのでお風呂に入ったらゆっくりと温まることや、濡れたタオルを電子レンジなどで温めて、患部に当ててあげることでも血流促進になります。

 

スポンサーリンク

 

【皮下出血のしこりが残るのか心配!ちゃんとした対処方法はあるの?】

 

皮下出血が原因で血腫ができてしまった場合にしこりができてしまうことがありますが、しこりは自然治癒するのか心配なこともあるでしょう。
皮下出血ですが、出血が多ければその分の血腫ができてしまいなかなか自然に治りません。
やはり適切な対処方法をはじめに行うことが肝心のようです。
それはやはりアイシングです。
あとは血管の修復を待ち早めに病院を受診してください。

 

 

皮下出血などでは、整形外科を受診することをおすすめします。
打撲の症状など自分で判断するのも難しいことがありますので、できることならば早めに診察をしてもらうことが必要です。
しこりなどが残りそうであれば、その段階で対処方法の血を抜くなど実施してくれます。

 

スポンサーリンク