皮下出血で起きるかゆみは病気のサイン?原因を知ろう

皮下出血で起きるかゆみは病気のサイン?原因を知ろう

スポンサーリンク

 

打撲やぶつけた覚えがないのに気が付くと皮下出血が起きていることがあります。
しかもよく見れば、紫色の斑点みたいなものが出来ていて、驚いてしまう方もいるはずです。
かゆみを伴う斑点ができる原因は何なのでしょうか?もしかして病気かもと悩む前に対処方法について確認しておきましょう。

 

 

【皮下出血が起きてかゆみがある場合に考えられる原因について】

 

ぶつけた覚えがないのに皮下出血が出来ていて、いつの間にかアザが広がっていると何か病気なのかもしれないと心配になりますよね。
実は、皮膚には意外とさまざまな症状が出やすいと言われているのをご存知ですか?

 

たとえば、アレルギー疾患であれば、かゆみを伴う肌の炎症がみられたり、ダニや毒虫に刺されれば、かゆみがいつまでも伴い、思い切り掻き壊してしまうことで、内出血を起こしてしまうことだってあります。
このように何かの原因があることに対して、皮下組織に反応してかゆみをはじめとした症状が出てくるのです。

 

スポンサーリンク

 

【かゆみがある原因は病気なの?】

 

かゆみを伴う皮下出血では紫斑病が有名です。
老人性紫斑病の場合には、文字通り高齢者が発症するものですが、乳幼児でも紫斑病を発症することが多く見受けられます。
それは、アレルギー性紫斑病です。
アレルギー物質に過剰に反応することが原因で血管も出血してしまいます。
このような炎症を起こしてしまう原因は、血中のタンパク質に異常が生じているからです。
関節痛などの痛みも起きてしまいますし、何しろ子供たちが発症しやすい病気ですので注意して観察する必要があります。

 

 

【紫斑病だけでない、かゆみを伴う皮下出血】

 

皮下出血により紫色のアザに見える病気の原因として、紫斑病以外にも考えられる疾患があります。
それは、扁平苔癬・水疱瘡・蕁麻疹などの病気があり、アレルギーが原因で皮膚炎を発症してしまい皮下出血になるのです。

 

 

皮下出血には、かゆみや痛みを伴うものから、アレルギーなどが要因となり血管が炎症を起こしてしまう病気までさまざまあります。
どちらにしても原因を治療しない限り、その症状が続きますので必ず病院を受診して適切な治療を行うことをおすすめします。

 

スポンサーリンク