採血が原因の皮下血腫の対処方法

採血が原因の皮下血腫の対処方法

スポンサーリンク

 

採血は、健康診断などで血液検査のために行われることが多いのですが、注射痕が腫れてしまい皮下血腫の症状がでてしまうことがよくあります。
青くアザになってしまい見た目が痛そうなのですが、その原因とはいったい何なのでしょう。
採血による皮下血腫が起きた場合の対処方法について確認しておきます。

 

 

【採血で皮下血腫になる】

 

健康診断での採血は、3本くらいとるので、それを見ていることも耐えられないし、貧血で倒れてしまいそうになる人もいます。
針が刺さることで血管が傷つき、皮下血腫になるのですが、その原因とは何でしょう。
実は、注射針の先が細い血管を傷つけることで、出血することが原因と考えられています。
対処方法があるのか見てみましょう。

 

 

【採血は誰が担当するの?対処方法はあるの?】

 

皮下血腫を引き起こしてしまう原因は、担当する医師や看護師の経験不足が原因なのかもしれません。
対処するにもこればかりは、本人の技術が長けているかどうかです。
あの人は下手だとか言えない世界ですので運に任せるしかありませんね。

 

スポンサーリンク

 

【対処方法を知ろう!皮下血腫が出来てしまう原因】

 

健康診断で採血したならば、その場で5分間は止血することをおすすめします。
また、針が刺さっていた場所ですかた抜いた後でも、上腕部をしっかりと抑えることは大切です。
この止血中に注射痕を揉んだりすることは絶対にやめておきましょう。
当日、お風呂に入ることは大丈夫ですが、激しい運動をしたり、お酒を飲むなどは特別禁止な訳ではありませんが、血流が良くなりすぎて止血しないことにも繋がりますので十分に理解したうえで採血をすることをお勧めします。

 

 

採血でいつも内出血する人は、できるだけ看護師にその旨を伝えて、事前に対処方法を検討する必要があるでしょう。
原因を知ることで皮下血腫を防ぐ方法が見つかるかもしれません。
また、これ以外にもすぐに皮下血腫が起きてしまう原因についても確認する必要がありそうです。
鉄分やビタミン不足も考えられる疾患ですから、普段から気にかけて食すという対処方法こそ大切な要素です。

 

スポンサーリンク