一目見る限りでは区別が難しいあざと青タンの違いについて

一目見る限りでは区別が難しいあざと青タンの違いについて

スポンサーリンク

 

日常生活ではついつい混同してしまう、あざと青タンですが、実際には異なる名称である通り、医学的見地からの相違点が見られます。
具体的にその違いは何なのか、回復に際して注意すべき点など、豆知識として押さえておいて無駄ではありません。

 

 

【あざと青タンの違いを検証する】

 

皮膚を透かして濃く色が変色した患部を「青タン」と称しますが、あざとの違いは何なのか、あるいは別の身体上のトラブルなのかと問われれば、明確な説警戒等に窮して不思議ではありません。
これらの違いを検証するには、各々が生じるメカニズムの検証作業が書かせません。

 

 

【最初に生じる症状は同じ】

 

双方が生じるキッカケは、皮膚の下の血管が何らかの原因で破損し、血液が皮膚の下に溢れ出てしまう内出血という症状です。
少量の出血であれば、時間の経過と共に身体に吸収され、あるいは散って消えて行きますが、出血が続いてしまう、出血量が多い場合には、行き場を失ってj皮膚の下に溜まって凝固を始めてしまい、結果あざとなって残ってしまい、見た目の違いが生じます。
ちなみに皮膚表面から深い位置で発症する程、またメラニン色素の影響を受ける程、その色は茶色から更に黒っぽく映り、青タンとは違う特徴が見られます。
あざと青タンの違いのポイントとして、この部分が見過ごせません。

 

スポンサーリンク

 

【発症する場所の違い】

 

皮膚の表面からの距離、すなわち内出血が生じ、それがどの深さで生じるにより、単なる「あざ」と称されるのか、あるいは「青タン」と捉えられるかが決まりますが、あくまで個人の主観による区別なのも事実です。
皮膚の色や体質などの個人差こそ見られますが、皮膚の表面から浅い場所に生じた場合は青っぽくなるので、自然と「青タン」に、青く見えないそれ以外の赤っぽい、茶色い、黒っぽい場合には「あざ」と認識される結果、両者が異なる症状のイメージに繋がっていると推察されます。

 

 

【知っておきたい適切な対処法】

 

打撲など原因を自覚している、いないに関わらず、内出血が生じた際には、例湿布などで患部を冷やし、皮膚の下が何らかの損傷を負って不安定な状態となっている患部に、更なる無用な刺激を届けぬ初期対応が大切です。
痛みや腫れが引いた、あるいは自覚症状が無いからと、早い段階で初期処置をストップしてしまう、あるいは温めてしまった場合、あざや青タンとして残ってしまうリスク否めず、注意が必要です。

 

 

あざと青タンのキッカケとなるのが皮膚下で生じる内出血であり、これが皮膚から深い場所で生じた場合、色が濃い前者に、皮膚の表面に近い場所で生じた場合は青い色が特徴の後者となります。
身体上のトラブルとしては同じ症状であり、あくまで見た目から来る呼び名の違いです。

 

スポンサーリンク

関連ページ

あざの治療の第一歩は病院の何科の受診からスタートすべき?.
あざが赤紫に変色する原因を知る
あざの上に生じたぶつぶつの原因と正しい対処方法について
身に覚えのないあざの原因と病気との因果関係に関して
ストレスはあざが出来やすい原因?
あざができない打撲の症状とその理由
痣ができにくい体質の人の体質面の特徴について
あざの原因として見過ごせぬ栄養失調
太ももにできる痣の原因は病気のシグナル?
あざの発症を防ぐ上で効果的な処置方法を知る
ふくらはぎに生じるあざの原因と適切な対処方法について
あざが癌化してしまう可能性を検証する
顔に突然出来てしまったあざの原因と病気との因果関係について
顔のあざを隠すばかりでなく安全確実に消す方法を検証する
痣の腫れと痛みがひかない時の対処法について
赤ちゃんのあざは遺伝だけが原因?
治りかけのあざのかゆみの原因と対処法について
あざの真ん中が周囲と比較して白い理由
あざが皮膚の上から消える期間と完全に治るまでの期間は同じ?
いくら時間が経過しても消えないあざの原因と対処法について
ぶつけてない手の甲に生じるあざの原因と正しい対処法
時間の経過と共にあざが広がる理由とは
ビタミン不足が原因の可能性が否めぬ赤いあざと適切な対処法
あざが出来やすい原因として見過ごせぬ貧血
あざが生じた患部の皮膚の膨らみの原因と適切な対処方法
痣が生じた状態での風呂の入り方と注意点
アザの痛みが続く原因と適切な対処法を検証する
あざが原因と考えられる蕁麻疹の症状について
目の周りに生じたあざの対処に際しての要注意点を検証する