あざの治療の第一歩は病院の何科の受診からスタートすべき?.

あざの治療の第一歩は病院の何科の受診からスタートすべき?.

スポンサーリンク

 

幼い頃から身体に残る、あるいは気づけば出来てしまっていたあざを治したい場合、やはり専門医の診察が欠かせません。
果たして病院の何科を受診すべきなのか、正しい選択がその第一歩となります。

 

 

【何科を受診すべきかの判断に窮するあざ】

 

さまざまな身体上のトラブルの中でも、病院の何科を受診すべきか、その判断や見解が分かれる傾向が顕著なのが「あざ」でしょう。
小さな子供の場合、まずはかかりつけの内科や小児科への相談が思い浮かびますし、皮膚のトラブルである以上、当然皮膚科との回答も説得力十分です。
ここでポイントとなるのがあざが出来てしまう原因とメカニズムで、これらを掘り下げて行く事で、自ずと根本的な原因と患部の状態の診察にベストな受診先が導き出せます。

 

 

【発症のメカニズムを知る】

 

外部から激しい衝撃を受け内出血が生じ、溢れ出た血液が皮膚の下に留まってしまった状態が「あざ」であり、目には見えない患部には、時に重大な何らかの損傷が潜んでいる可能性が見過ごせません。
打撲などの原因が特定されている、痛みや腫れなどを伴っている場合には、病院の何科を受診すべきか迷わず、患部を冷やし安静にする応急処置から、速やかに整形外科を受診してください。

 

スポンサーリンク

 

【まずは整形外科で受診から】

 

病院の整形外科での診察では、あざの症状以外にも、当事者が訴える痛みや腫れなどの症状をヒアリングから、必要に応じてレントゲン撮影を含む患部の診察と、適切な治療方法が実践されます。
あざの治療のポイントとなる、初期対応で十分冷やし、次に患部の諸症状が治まったなら、次に血行促進効果に繋がる温める処置が見過ごせませんが、切り替えのタイミングを間違ってはなりません。
また脱臼や骨折、その他患部の筋肉などが損傷している可能性も否めず、総合的な治癒に必要な注意点などを確かめる上でも、まずは整形外科の選択が確実です。
必要に応じて病院の他の何科の受診が必要であるかなども、診察と治療を通じて指示がなされます。

 

 

【皮膚科の病院へ直行する選択について】

 

打撲などとの因果関係が全く見当たらず、加齢や紫外線が原因のあざの場合、皮膚科を選択されるケースも見られ、こちらも決して間違いではありません。
またストレスが原因での末梢神経のトラブルが原因の場合も見られ、生活習慣の改善など、何科の受診が必要なのかの判断に窮する場合、まずはかかりつけの主治医に相談するのも一案です。

 

 

あざが生じて気になる、症状が治まらないなどの状況下、果たして病院の何科に行くべきかの判断に窮した場合、まずは整形外科を訪れる選択が賢明です。
他に患部に生じているトラブルやリスクを含めての診断から、必要な治療やアドバイスが施されます。

 

スポンサーリンク

関連ページ

あざが赤紫に変色する原因を知る
一目見る限りでは区別が難しいあざと青タンの違いについて
あざの上に生じたぶつぶつの原因と正しい対処方法について
身に覚えのないあざの原因と病気との因果関係に関して
ストレスはあざが出来やすい原因?
あざができない打撲の症状とその理由
痣ができにくい体質の人の体質面の特徴について
あざの原因として見過ごせぬ栄養失調
太ももにできる痣の原因は病気のシグナル?
あざの発症を防ぐ上で効果的な処置方法を知る
ふくらはぎに生じるあざの原因と適切な対処方法について
あざが癌化してしまう可能性を検証する
顔に突然出来てしまったあざの原因と病気との因果関係について
顔のあざを隠すばかりでなく安全確実に消す方法を検証する
痣の腫れと痛みがひかない時の対処法について
赤ちゃんのあざは遺伝だけが原因?
治りかけのあざのかゆみの原因と対処法について
あざの真ん中が周囲と比較して白い理由
あざが皮膚の上から消える期間と完全に治るまでの期間は同じ?
いくら時間が経過しても消えないあざの原因と対処法について
ぶつけてない手の甲に生じるあざの原因と正しい対処法
時間の経過と共にあざが広がる理由とは
ビタミン不足が原因の可能性が否めぬ赤いあざと適切な対処法
あざが出来やすい原因として見過ごせぬ貧血
あざが生じた患部の皮膚の膨らみの原因と適切な対処方法
痣が生じた状態での風呂の入り方と注意点
アザの痛みが続く原因と適切な対処法を検証する
あざが原因と考えられる蕁麻疹の症状について
目の周りに生じたあざの対処に際しての要注意点を検証する